オークラ出版、山野車輪による漫画「終戦の昭和天皇」を発刊

JCN Newswire / 2013年7月22日 17時16分

Tokyo, July 22, 2013 - (JCN Newswire) - オークラ出版(東京都目黒区・代表取締役:長嶋うづき)は、7月22日に、山野車輪作のドキュメンタリー漫画「終戦の昭和天皇~ボナー・フェラーズが愛した日本」を発売したことを発表しました。

この作品は太平洋戦争直後の1945年8月30日に、ダグラス・マッカーサー連合国軍最高司令官に同行して来日した米国陸軍のボナー・フェラーズ准将の物語です。日本を深く理解するアメリカ軍将校が終戦直後の日本において、天皇の戦争責任回避に向けマッカーサーに働きかけた史実を描いています。

ボナー・フェラーズと小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の関係や歴史的背景を忠実に再現し、それを日本の文化である「漫画」を通して描いています。

山野車輪氏は次のように語っています。「小泉八雲といえば、『怪談』」のイメージが強いのですが、実は小説家、日本研究家としての側面も持ちあわせています。マッカーサーの最も近いところに、日本を深く理解するボナー・フェラーズ准将という軍事秘書がいたこと、フェラーズが『小泉八雲』を通して日本を理解していたこと、そしてそれらのことが極東国際軍事裁判(東京裁判)での昭和天皇不起訴に寄与したという事実は、もっと広く知られていいことだと思います。」

本作品は、井上智重氏(熊本近代美術館館長)の原案をもとに、小泉八雲研究の第一人者である平川祐弘東大名誉教授、小泉八雲の曾孫にあたる小泉凡氏の協力をいただくことで完成しました。


お問い合わせ:

153-0051 
東京都目黒区上目黒1-18-6 NMビル3F
オークラ出版
第三編集部 
担当:岡田 雅 
E-Mail: okada@oakla.com
TEL: 03-3793-6756 
FAX: 03-5722-7626






Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング