日立ソリューションズ:健康サービスの開発に有用なPHR基盤の実現に向けた実証実験を開始

JCN Newswire / 2013年8月1日 18時4分

健康長寿社会を目指して、横浜ライフイノベーション特区で実施

Tokyo, Aug 1, 2013 - (JCN Newswire) - 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)と、公益財団法人神奈川県予防医学協会(事務局:神奈川県横浜市中区、理事長:土屋 尚/以下、神奈川県予防医学協会)、株式会社ファンケル(本社:神奈川県横浜市中区、代表取締役社長執行役員:宮島 和美/以下、ファンケル)は、健康サービスの開発に有用なPHR*1基盤の実現に向けた実証実験を開始します。本実証実験は、京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区において、横浜市が推進する「個別化・予防医療の実現」に向けた取り組みの一環として行うもので、2014年4月1日から2015年3月31日まで取り組む予定です。

健康長寿社会を目指すため、また、医療費増大や保険料収入の減少といった問題からも、予防医療への取り組みは重要な課題となっています。現在、疾患の予防・早期発見に向け、健康診断や人間ドックは重要な役割を果たしていますが、一方で、そこで得られる健診情報は個人の健康維持増進のために、さらに有効に活用できると想定されています。

そこで、日立ソリューションズ、神奈川県予防医学協会、ファンケルは、本実証実験において、健診情報を蓄積するPHR基盤の構築とPHR基盤を活用した健康サービスの提供モデルを検討します。3社は、今回の実証実験の結果をもとに、今後、個人が健診情報を蓄積し活用する新しい健康サービスのビジネスフレームワークを確立し、健康長寿社会の実現を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2013/0801.html

*1: Personal Health Record。個人健康記録。 PHR基盤とは個人が健康情報を自己管理するための情報システム基盤。

株式会社日立ソリューションズ





Source: 株式会社日立ソリューションズ

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング