トヨタ、中国R&D新会社で鍬入れ式を実施

JCN Newswire / 2013年8月9日 16時9分

Toyota City, Aug 9, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)と中国第一汽車集団公司(以下、一汽集団)の合弁R&D会社である一汽トヨタ技術開発有限会社(以下、FTRD)は、現地時間8 月9 日(金)10 時(日本時間11 時)より、天津市泰達西区の新サイトにおいて鍬入れ式を実施した。

式典には、市政府からの来賓、地元メディア、合弁パートナーの一汽集団の金毅副総経理、トヨタからは山科忠専務役員、大西弘致専務役員らが出席した。大西専務は「FTRD は、中国のお客様のニーズに合った、もっといいクルマづくりを実現するため、これからの中国での事業展開にとって大変重要な拠点。」と語った。

トヨタと一汽集団は、一汽トヨタの研究開発の更なる充実をめざし、天津一汽トヨタ自動車有限会社(以下、TFTM)及び四川一汽トヨタ自動車有限会社(以下、SFTM)内にあった技術部門を分離統合し、昨年11 月にFTRD を設立。総経理には、トヨタの川瀬正伸エグゼクティブアドバイザーが就任している。

FTRD は、TFTM 敷地内で本年5 月より業務を開始しており、設計棟、実験棟などの主要設備が完成する2015 年に新サイトへの移転を予定している。新サイトの総面積は、約11 万m2。FTRDでは、中国における「車両本体の開発」の拠点として、合弁自主ブランド「朗世(ランシー)」を含む、中国向けのクルマの開発を行う。

トヨタは今後も、中国のお客様に喜んでいただける「もっといいクルマづくり」に取り組んでいく。

<FTRD 概要>
名称:
(日本名)一汽トヨタ技術開発有限会社
(中国名)一汽豊田技術開発有限公司
(英語名)Faw Toyota Research & Development Co., Ltd <FTRD>
所在地:
現在はTFTMの泰達(テダ゙)工場敷地内。
15年5月より、新サイト・天津市泰達西区(TFTM泰達工場の西方15キロ)に移る予定
代表:
董事長 徐健一(一汽集団 董事長)
総経理 川瀬正伸(トヨタ自動車 エグゼクティブアドバイザー兼務)
設立日: 2012年11月28日
開業日: 2013年 5月1日
投資額: 12.7億元(約190億円)
資本金: 8億元(約120億円)
出資比率: TFTM80%、SFTM20%
事業内容: 一汽トヨタ合弁事業体で製造・販売する車両の一部自主開発、及び 合弁自主ブランド車両の研究開発、国産化/認証関連業務 等
従業員数: 約300 人

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。(PDF版)
http://www2.toyota.jp/jp/news/13/08/nt13_0804.pdf

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング