アステラス製薬:タクロリムス徐放性製剤を米国で新発売

JCN Newswire / 2013年8月23日 16時47分

Tokyo, Aug 23, 2013 - (JCN Newswire) - アステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:畑中好彦、以下「アステラス製薬」)は、米国子会社アステラスファーマUS, Inc.が、米国においてタクロリムス徐放性製剤ASTAGRAF XL(TM)(米国製品名、一般名:タクロリムス水和物)を発売しましたので、お知らせします。

ASTAGRAF XL(TM)は、アステラス製薬が創製した免疫抑制剤「プログラフ(R)」の有効成分であるタクロリムスを含有する1日1回経口投与の徐放性カプセル製剤です。このたび、米国で初めて成人腎臓移植患者における拒絶反応の抑制を効能・効果として販売することになります。ASTAGRAF XL(TM)は、米国において、2013年7月19日に米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得しました。タクロリムス徐放性製剤はこれまでに73カ国で承認されています。

アステラス製薬は、今回の新発売により、腎臓移植における拒絶反応の抑制に新たな選択肢を提供できることを期待しています。

本件については、米国において、現地時間8月22日に対外発表しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.astellas.com/jp/corporate/news/detail/astagraf-xltmxl.html

アステラス製薬株式会社

詳細は www.astellas.com/jp をご覧ください。



Source: アステラス製薬株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング