Tullett Prebon、CFTCへのSEF申請書の提出を発表

JCN Newswire / 2013年8月28日 11時17分

NEW YORK, NY, Aug 28, 2013 - (JCN Newswire) - 世界トップクラスのインターディーラーブローカーのTullett Prebonは、SEF (Swap Execution Facility)申請書を米商品先物取引委員会(CFTC)に提出したことを、本日発表しました。

SEFとして登録されるのはニュージャージー州に本社があるtpSEF Inc.で、Tullett Prebonの100%子会社です。同社は2010年7月21日に成立したDodd-Frank法へのコンプライアンスのために設立されました。

Tullett Prebonの電子仲介業務担当専務および北米執行委員で、WMBA (Wholesale Markets Brokers' Association)会長のShawn Bernardoが、SEFの最高経営責任者に任命されました。

SEF取締役会は、パブリックディレクターのDavid Clark、John Spencer、およびJames Quaille、ならびにディレクターのJohn AbularrageおよびChristian Pezeuで構成されています。

Tullett Prebon Americasの最高執行責任者兼社長のJohn Abularrageは、次のように述べました。

「我々はCFTCとSECが管轄する分野でグローバル市場をリードするオファリングを成長させ続けていますので、Tullett PrebonのSEF設立は、既存ビジネスの開発の重要な過程です。Tullett Prebonは、お客様がリクイディティを活用し、新法の需要に対応するための、SEFコンプライアンス・プラットフォームを提供する予定です。」

Tullett Prebon SEF最高執行責任者のShawn Bernardoは、次のように述べました。

「過去3年間、我々は規制当局者に、インターディーラー仲買市場の業界に関する知見を提供し、新規制が検討される過程で連邦議会での証言も行いました。Tullett PrebonはCFTCと協業して、同社が新規制に沿ってお客様にスワップ執行サービスを提供し続けられるように図っていくことに期待しています。」

Tullett Prebonについて

Tullett Prebon ( www.tullettprebon.com )は、世界最大級のインターディーラーブローカーで、ホールセール金融市場で仲介業務を行っており、レート、ボラリティ、米国債、ノンバンキング、エネルギー&コモディティ、クレジット、エクイティの7つの商品グループのクライアントの取引活動を促進しています。

Tullett Prebonには22か国に事務所があり、クライアントのニーズに対応し、規制で促進される市場の進化に対応するために、音声、ハイブリッド、エレクトロニクス、ボリュームマッチング、アルゴリズムマッチング、リスク軽減プラットフォームを運用しています。Tullett Prebonは、米国のCFTCとSECに、SEF (Swap Execution Facility)の申請し、他のすべての法域での規制遵守インフラの提供を継続する予定です。

仲買サービスに加えて、Tullett Prebonでは、さまざまな市場情報サービスをTullett Prebon InformationのIDB Market Data部門を通じて提供しています。

Tullett Prebonは、ロンドン、ニュージャージー、香港、シンガポール、および東京に主要事務所を、バンコク、フランクフルト、ジェノバ、米国テキサス州ヒューストン、ジャカルタ、ルクセンブルグ、マドリード、マナマ(バーレーン)、マニラ、ムンバイ、ニューヨーク、パリ、サンパウロ、ソウル、上海、シドニー、トロント、ワルシャワ、およびチューリッヒに他の事務所、合弁会社および子会社を擁しています。

お問い合わせ先:
米国メディア問い合わせ先:
WT Blase & Associates, Inc.
Bill Blase
+1-212-221-1079
billblase@wtblase.com

英国メディア問い合わせ先:
メール: 広報
Charlotte Kirkham
+44 (0)7989 7920 528421
kirkham@mcomgroup.com

Tullett Prebon





Source: Tullett Prebon

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング