三菱重工、ビル空調システム向け次世代型集中制御リモコン装置「SL4」を開発

JCN Newswire / 2013年11月5日 16時17分

ウェブサーバー機能・9インチ大型カラー液晶タッチパネルを搭載

Tokyo, Nov 5, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、ビル空調システム向けに次世代型集中制御リモコン装置「SL4」を開発しました。ウェブサーバー機能や9インチ大型カラー液晶タッチパネルの搭載により、多機能と簡便・快適な操作性を両立したのが特長で、機器の制御監視にとどまらずビル全体の省エネ管理にも活用できるようになりました。当社製ビル用マルチエアコンおよびパッケージエアコンとの組み合わせが可能で、11月20日に発売します。

SL4の9インチ液晶画面は、ブラック基調に青・赤・黄・緑・灰の5色カラーで空調機の状態を表示します。パネル周辺に白色を採用することで鮮明さと高視認性を実現しました。また、パネル露出部の厚みは、構造面の抜本的見直しにより業界で最も薄い23mmを実現。スタイリッシュなデザインに仕上がっています。

通信面では、LAN(Local Area Network:構内通信網)機能およびウェブサーバー機能の標準搭載により、パソコン画面で空調機の設定・操作・監視および運転データのダウンロードを行うことができます。加えて、マルチタッチ技術を採用したタブレット端末に監視画面を表示することも可能です。

省エネでは、最終段階の緊急停止モードを含め4段階のデマンド(需要電力)制御機能を搭載。第1段階はプラス・マイナス2度の設定温度シフトで、第2、3段階では圧縮機を停止させるサーモオフに移行します。さらに、運転時間積算値の“見える化”機能も装備し、きめ細かいエネルギー管理ができるようにしました。

当社は引き続き、ビル用空調システムをはじめとする空調機器事業の拡大を目指し、市場でニーズが増大している高効率かつ操作性に優れた製品を開発していきます。

■ ビル空調システム用次世代型集中制御リモコン装置「SL4」の主な仕様

項目: 仕様
接続管理台数: 最大128台(室内ユニット)
表示・操作: カラー液晶TFT9インチ800×480ピクセル、タッチパネル
電源: 単相AC100V/200~240V、+10%/-15%、50/60Hz
外形寸法: 縦172×横250×奥行き93(23)mm、( )は露出部分
製品質量: 2kg
使用環境: 周囲温度0~40度(箱外)、相対湿度85%以下

三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Source: 三菱重工業株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング