トヨタ、第43回東京モーターショーの「SMART MOBILITY CITY 2013」に出展

JCN Newswire / 2013年11月8日 16時35分

「クルマと社会がつながる近未来と移動の楽しさ」をテーマに先進技術と車両を展示

Toyota City, Nov 8, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、11月20日(水)から12月1日(日)までの12日間*1、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第43回東京モーターショー2013において、主催者テーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2013、~KURUMA NETWORKING…くらしに、社会に、つながるクルマたち~」に出展する。

今回の出展では、「クルマと社会がつながる近未来と移動の楽しさ」をテーマに、モビリティが暮らしや社会につながる世界を描くとともに、安全・安心に、楽しく移動ができる社会を提案する。

具体的には、スマートモビリティ社会の実現を目指したトヨタの4領域*2の取組みのうち、モビリティの視点から、「次世代都市交通システム」「協調型ITS」「次世代テレマティクス」を紹介する。

1.次世代都市交通システム(=CONVENIENCE)~最適な手段で移動する近未来のモビリティ~

新しい移動の価値観を提供する「TOYOTA i-ROAD」、利用シーンで選択できるトヨタ車体(株)製「COMS」など新たなモビリティが集うマルチモビリティステーション、人・街・社会に優しく最適な移動の実現を目指す次世代都市交通システム「Ha:mo」*3を紹介。

1)「TOYOTA i-ROAD」(国内での実証用車両を初出展)
- 超小型パッケージによる、バイク並みの使い勝手とクルマに近い快適性・安定性を両立した、新しい乗り味と楽しさを提供するパーソナルモビリティ。
- 2014年初めより豊田市の都市交通システム「Ha:mo」に投入する実証用車両を初出展。

2)トヨタ車体(株)製「COMS」
- トヨタ車体(株)が開発した「T・COM」(乗員2名)を初出展。
12月中旬より「Ha:mo」に導入。

3)超小型モビリティ「Winglet」
- ロボット制御技術と独自のモビリティ機構により、体重を移動させるだけで、誰でも簡単に操作することができる立ち乗り型のパーソナルモビリティ。

2.協調型ITS(=SAFETY)~つながることで安心・安全・快適なドライブをサポート~

クルマが道路インフラや他のクルマ、人と通信することで運転を支援するシステムや、「自動運転技術」への関心が高まる中で、トヨタが考える「高度運転支援システム」を紹介。

1)インフラ協調ドライブシミュレーター
- 路車間、車車間、歩車間通信を活用して、交通事故の低減や環境にやさしいドライブを支援するシステムの体感が可能。

2)高度運転支援システム(AHDA:オートメイテッド ハイウェイ ドライビング アシスト)
- ドライバーの意思を尊重し、安全・安心に移動するために、「通信利用レーダークルーズコントロール」と、道路の白線などをセンサーで検出し、最適なラインを走行するよう操縦を支援する「レーントレースコントロール(Lane Trace Control)」との連携による運転支援システム。

3.次世代テレマティクス(=COMFORT)~テレマティクスでクルマの魅力を高め、快適に移動する~

テレマティクスサービスを通じて収集・蓄積した車両の走行情報などビッグデータを活用した「交通情報サービス」、クラウド上のトヨタスマートセンターを介して音声を認識する「エージェント」、これらサービスに連携したスマートフォン向けテレマティクスサービス「Smart G-BOOK」、さらに、タイに続く海外展開の一環として、中近東地域に導入を予定しているスマートフォン向けテレマティクスサービスを紹介。

1)ビッグデータを活用した「交通情報サービス」
- 車両の位置や速度、走行データなどの情報を含むビッグデータを基に加工した交通情報や 統計データなどを、自治体や企業が交通流改善や地図情報の提供、防災対策などに活用できる新しい情報提供サービス。より便利で快適、災害に強い街づくりに貢献。

2)センター型音声認識サービス「エージェント」
- 目的地検索や設定を音声で依頼し自然発話や曖昧な指示でも適切な情報を引き出すことが可能。トヨタスマートセンターを使うことで高いデータ処理能力が得られる。ドライバーの行動や嗜好を予測し、適切な情報を音声で提供するリコメンドサービスなども今後展開予定。

3)スマートフォン向けサービス「Smart G-BOOK」
- クルマや徒歩での移動をトータルでサポートする新開発のナビサービス。エージェント機能や、「Tプローブ交通情報」*4の採用による渋滞を考慮したルート探索、災害時には「通れた道マップ」の閲覧や避難所までのルート表示・案内する災害対策サービスなどを提供。

なお、西展示棟の主催者コア展示ブースでは「Winglet」、屋上展示場では、駐車時にステアリング操作をサポートする「インテリジェントパーキングアシスト(IPA)」や、駐車場内などでアクセル・ブレーキの踏み間違い等で誤って急発進した場合でもセンサーで検出し自動ブレーキをかける「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」の試乗が可能である。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/11/nt13_068.html

*1 11月20日~21日: プレスデー、11月22日: 特別招待日、11月23日~12月1日: 一般公開日
*2 人とクルマと街がつながることで実現されるスマートモビリティ社会を、「協調型ITS」「次世代都市交通システム」「エネルギーマネジメント」「次世代テレマティクス」の4つの領域で区分。
*3 クルマなどパーソナルな乗り物と公共交通の最適な組み合わせによって、人にも街にも社会にも優しく、最適な移動の実現を目指す交通サポートシステム。2012年10月より豊田市内の中京大学およびその最寄駅で実証運用を開始。
*4 テレマティクスサービスを介してトヨタスマートセンターに蓄積された車両の位置や速度等を基に生成した、トヨタ独自のリアルタイム交通情報。

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング