日立ソリューションズとトレンドマイクロ、クラウド向けセキュリティ事業で協業

JCN Newswire / 2013年11月28日 16時37分

アマゾン ウェブ サービス上のシステム向けセキュリティサービスを開始

Tokyo, Nov 28, 2013 - (JCN Newswire) - 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)と、トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼CEO:エバ・チェン/以下:トレンドマイクロ)は、Amazon Web Services, Inc.が提供するクラウドサービスであるアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)上のシステム向けのセキュリティ事業で協業します。

本協業において日立ソリューションズは、トレンドマイクロの総合サーバセキュリティソリューションTrend Micro Deep Securityを採用し、セキュリティコンサルティングからセキュリティを強化したシステムの構築、運用監視、サイバー攻撃への対処支援まで、AWS上のシステム向けセキュリティサービスを12月2日からトータルに提供します。

これにより、企業は、AWSのスケーラビリティやコストメリットを損なわずに、自社のセキュリティポリシーと整合性の取れたセキュリティ要件を満たすシステムをAWS上に構築・運用することが可能となります。

近年、システム基盤としてパブリッククラウドを利用する企業が増加しています。企業がパブリッククラウドを利用する際には、サービス提供者が定めるSLA(Service Level Agreement)*1が前提となるため、基幹システムや顧客向けサービスのような重要なシステムとして利用する場合、個々の企業のセキュリティポリシーに応じたきめ細やかなセキュリティ対策が必要です。特に、業界団体などが定めた一定のセキュリティ要件に準拠するシステムの構築においては、セキュリティ対策のノウハウ、AWS上のシステム構築や運用に関するノウハウ、および適切なセキュリティ製品の3つが重要となります。

日立ソリューションズは、2010年にAWS上のシステム構築や運用をスタートし、2012年11月からそれらのノウハウをまとめた「Amazon Web Servicesのための運用支援サービス」を提供してきました。また、ミッションクリティカルなシステム構築でセキュリティ対策のノウハウを培うとともに、エンドポイントからネットワーク、コンテンツまで幅広いセキュリティソリューションを提供しています。

トレンドマイクロのTrend Micro Deep Securityは、ウイルス対策、ファイアウォールやIDS/IPS(不正侵入検知システム・不正侵入防御システム、仮想パッチ)、ファイルの変更監視など、サーバーセキュリティに必要な機能を実装しています。また、AWSのAuto scaling*2機能で生成されたインスタンスに自動でポリシーを適用可能など、クラウド環境に適合した運用・管理機能も備え、国内においてもAWS上のシステム保護で多数の実績を有しています。

このたび、日立ソリューションズは「Amazon Web Servicesのための運用支援サービス」をメニュー拡大し、セキュリティサービスを提供します。日立ソリューションズとトレンドマイクロは、システム構築と運用、脅威解析における長年のノウハウを活用した製品・サービスを協力して開発し、クラウドを利用してビジネスを加速したいすべての企業のお客様を今後も支援していきます。 そして日立ソリューションズは、AWS関連事業の2015年度売上高 50億円をめざします。

■ サービスの概要

1. セキュリティコンサルティング

内部統制や監査対応、個人情報保護法などの法令順守、業界における各種規制、取引先からの要求など、個々の企業が保有する既存システムのセキュリティ要件を整理し、実現するべきシステムにとって適切なセキュリティ対策を提案します。

2. 脆弱性診断

高度なセキュリティやハッキング知識を有する日立ソリューションズのシステムエンジニアが、システムへの擬似攻撃のツールなどにより、精度の高い診断を実施します。お客様は「セキュリティ診断報告書」で問題点を客観的に把握し、効果的なセキュリティ対策を図ることができます。

3. システムのセキュリティ対策

トレンドマイクロのTrend Micro Deep Securityを採用し、ウイルス対策、ファイアウォールやIDS/IPS(仮想パッチ)、ファイルやレジストリの変更監視、セキュリティログ監視機能を提供します。加えて、Auto scaling機能対応で、サーバー負荷の増減などに応じて自動的に生成・削除される仮想マシンに、指定したセキュリティポリシーを自動で適用することができます。これにより、クラウド環境の利点である可用性に対応し、管理者の運用負荷を低減します。

4. セキュリティ運用のサポート

Trend Micro Deep Securityにより検知したイベントを受けて、一次切り分けとお客様へのレポートを行います。また、実際にシステムが攻撃を受けた場合には、専門のセキュリティエンジニアによる対処と復旧の支援を行います。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2013/1128.html

*1 サービス提供者(プロバイダー)とサービス委託者(顧客)との間で契約を行う際に、提供するサービスの内容と範囲、品質に対する要求(達成)水準を明確にして、それが達成できなかった場合のルールを含めて、あらかじめ合意しておくこと。
*2 お客様が定義する条件に応じて、Amazon EC2 の能力を、自動的に縮小・拡張すること

株式会社日立ソリューションズ





Source: 株式会社日立ソリューションズ

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング