エーザイ、第36回サンアントニオ乳がんシンポジウムで「ハラヴェン(R)」(エリブリン)に関する最新データを発表

JCN Newswire / 2013年12月5日 16時35分

Tokyo, Dec 5, 2013 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、2013 年 12 月 10 日から 14 日まで米国サンアントニオで開催される「第 36 回サンアントニオ乳がんシンポジウム(San Antonio Breast Cancer Symposium: SABCS)において、当社が創製したハラヴェン(R)(一般名: エリブリンメシル酸塩)の最新データを発表することを、お知らせします。

当社はハラヴェン(R)の臨床での有用性を立証し、その価値の最大化をはかるために、継続的に複数の臨床試験を実施しています。今回の SABCS における発表は、当社の乳がん治療に対する取り組みとその研究成果を示すものです。

当社は、がん関連領域を重要なフランチャイズ領域と位置づけており、最先端のがん研究から革新的な創薬を行い、がん患者様とそのご家族、さらには医療従事者の多様なニーズの充足とベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

■ 本年の SABCS で採択された当社の製品・開発品に関連する主な発表は以下の演題となります。

製品・化合物: 発表演題・予定日時(現地時間)

- ハラヴェン(R)(エリブリンメシル酸塩): 転移性乳がん患者を対象とした非盲検、無作為化によるエリブリンとカペシタビンの並行群間比較第III相試験(301 試験): 病勢進行後の治療法と転移病巣が全生存期間に与える影響について
抄録番号:P3-13-03: ポスター発表: 12 月 12 日(木)17:00-19:00

- ハラヴェン(R)(エリブリンメシル酸塩): 転移性乳がん患者を対象とした 301 試験におけるエリブリンとカペシタビンの忍容性と効果に対する年齢の影響について
抄録番号:P3-13-04: ポスター発表: 12 月 12 日(木)17:00-19:00

- ハラヴェン(R)(エリブリンメシル酸塩): 局所再発・転移性 HER2 陰性乳がん患者を対象とした第一選択治療としてのエリブリンの多施設共同、単群第II相試験(206 試験)結果
抄録番号:P3-13-05: ポスター発表: 12 月 12 日(木)17:00-19:00

- ハラヴェン(R)(エリブリンメシル酸塩): 局所再発・転移性 HER2 陽性乳がん患者を対象とした第一選択治療としてのエリブリンとトラスツズマブの併用による多施設共同、単群第II相試験(208 試験)
抄録番号:P4-12-12: ポスター発表: 12 月 13 日(金)7:00-9:30

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。(PDF版)
http://www.eisai.co.jp/news/news201373pdf.pdf

エーザイ株式会社

エーザイ株式会社は、研究開発型のヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業で、グローバルに研究・製品の開発・販売活動を行っている。エーザイは、神経・精神領域を含むインテグレーティブ・ニューロサイエンス、がん治療と支持療法を含むインテグレーティブ・オンコロジー、血管・免疫反応領域の3つの治療領域に活動を集中し、世界各地にある研究、生産、販売拠点を通じて、世界の患者様に貢献している。エーザイ株式会社の詳細情報は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Source: エーザイ株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング