GMAC(R)、学生のビジネススクール探しを支援

JCN Newswire / 2013年12月6日 11時54分

オンライン学校検索機能には、全世界の約6,000課程のデータを掲載

RESTON, VA, Dec 6, 2013 - (JCN Newswire) - 経営学を勉強したい全世界の学生の皆様は、GMAT(R) Exam公式サイト( www.mba.com )の新しいSchool Finderで、6,000弱の課程の最新情報を見付けることができるようになりました。このサイトはGMAT試験や経営学教育を受けたい人が訪れる権威あるグローバルサイトで、毎月50万人近くの閲覧者があります。サイトを運営するGraduate Management Admission Council(R)は大手ビジネススクールの非営利協会で、90か国2,100校の入学試験に使用されているGraduate Management Admission Test(R)試験を実施しています。

「ビジネススクールへの入学や、経営大学院の学位の取得を決意することは、どんな学生にとってももっとも重要な投資の決定でしょう。」と、GMAC会長のSangeet Chowflaは述べました。「受験生に必要なものは、検討中の学校の長所の比較や、スキルとキャリアの期待にもっとも合う学校の検討に役立つ信頼性の高い情報です。これにより、間違った決定をするリスクが低減し、学生に最適な経験ができる可能性が増大します。現在は世界中の人々がどんなことでもインターネットで調べるようになってきていますので、GMACは経営学受験生にすべての段階で情報とサポートを提供するため、 www.mba.com とSchool Finderを開発しました。」

School Finderには6,000弱の課程が掲載されており、最低1,700の課程にはGMACのまとめた明細データを記載した拡張プロフィールもあり、対照比較できます。新機能によりユーザーは、学校を検索して比較し、興味ある学校のトラッキングができます。また、学校探しや申請手続き中に参照するために選択した課程を保管できます。School Finderはデザインを一新したウェブサイトの目玉機能で、次のような外観の変更や機能拡張があります。

-- 全世界の経営学課程に使用される標準的な試験の、GMAT試験の登録と受験に関する詳しいアドバイス。
-- GMAT試験の受験勉強や、学校探し、経営学課程への申請や登録などについてのわかりやすいステップ別ガイダンス。
-- 現在の学生や専門事務員などが出演し、概念や助言について語る何十件もの動画クリップ。
-- 今後の学生募集や就職関連イベント、各種申請や奨学金の締切などについての情報。
-- 地域別コンテンツを調整するグローバライズプラットフォーム。アクセスする場所に合わせてカスタマイズされたコンテンツを提示します。
-- 各種デバイスからのアクセスしやすさを向上。

「GMAT Exam公式サイトは信頼性の高い正確でタイムリーな情報を提供します。我々はウェブサイトと機能のアップグレードを継続し、サイトをさらに有用で使いやすいものにしていきます。」と、GMACマーケティングおよび通信担当VPのDavid Moldavskyは述べました。「これは、学生と学校を結びつけ、世界の経営学教育を成長させるという我々の使命の一環です。」

GMACについて

Graduate Management Admission Council ( www.gmac.com )は、世界各国の著名な経営大学院による非営利教育団体で、6,000の大学院経営学過程で使われているGraduate Management Admission Test (GMATテスト)のオーナーです。GMACの本拠は米国バージニア州レストンにあり、地域事務所はロンドン・ニューデリー・香港にあります。GMATテストは、世界各国の経営大学院課程のために特にデザインされた標準的試験として唯一のもので、112か国590か所以上のテストセンターで、継続的に利用可能です。GMAT試験についての詳しい情報は、GMAT試験公式サイト( www.mba.com )をご覧ください。GMACについて詳しくは、 http://gmac.com/newscenter をご覧ください。

詳しい情報は、下記にお問い合わせください。
Tracey Briggs
tbriggs@gmac.com
+1-703-668-9726

GMAC





Source: GMAC

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング