マツダ、コンパクトカー「マツダ デミオ」の一部商品改良と特別仕様車を発売

JCN Newswire / 2013年12月12日 16時46分

Hiroshima, Dec 12, 2013 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社は、コンパクトカー「マツダ デミオ」の一部商品改良を行うとともに、「マツダ デミオ」「マツダ ベリーサ」の特別仕様車「マツダ デミオ 13-SKYACTIV シューティングスター スポルト ダイナミックルーフ」「マツダ デミオ 13-SKYACTIV シューティングスター マゼンタ」「マツダ ベリーサ マゼンタ セレクション」を、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて本日発売します。

「デミオ」の一部商品改良では、ボディカラーに2色、インテリアカラーに1色の新色を追加し、「13C」のAT車、「13C-V スマートエディションII」に、紫外線(UV)を約99%カット*1する 「スーパーUVカットガラス(フロントドア)」と、サンドベージュとシャンパンシルバーを用いた上品で開放感のある明るいインテリアカラーなどをパッケージにしたメーカーセットオプション「UVカット&ベージュパッケージ」を設定しました。

また、7月に発売した「13-SKYACTIV シューティングスター スポルト」の商品テーマ「スポーティ」と、「13-SKYACTIV グレイス」の商品テーマ「エレガンス」を進化させた特別仕様車を設定しました。

特別仕様車「マツダ デミオ 13-SKYACTIV シューティングスター スポルト ダイナミックルーフ」は、「デミオ」専用にデザインされたピンストライプ入りのルーフフィルムを採用し、「スポーティ」を強調しました。フィルムのカラーはボディカラーにも設定しているジェットブラックマイカと、アルミニウムメタリックの2色を採用しています。フィルムの貼付はすべて手作業で行い、フロントとサイドのモール部でフィルムを折り込ませることで、フロントガラスからルーフフィルムへの連続感ある仕上がりとしました。また、ヘッドランプベゼル、ドアミラー、ルーフスポイラーをブラックに、アルミホイールをガンメタリックに塗装し、精悍さを高めています。

もう一つの特別仕様車「マツダ デミオ 13-SKYACTIV シューティングスター マゼンタ」は、7月に導入した「13-SKYACTIVシューティングスター グレイス」で具体化した「エレガンス」という商品テーマを踏襲しながら、カラーコーディネートをより上質に進化させました。ダーク基調のインテリアカラーに、シート柄やステッチにマゼンタカラーを配すことにより、「シック(おしゃれ)×プレイフル(遊び心)」な世界観を表現しました。加えて、高輝度ドアミラーや、シートサイドを本革としたハーフレザーシートを採用し、上質感を向上させています。

「ベリーサ」の特別仕様車「マツダ ベリーサ マゼンタ セレクション」は、ブラックの本革*2シート、ステアリングにファッショナブルでインパクトのあるマゼンタカラーのステッチを採用しました。さらにシートには、立体感のあるステッチ柄を施し、『シック(おしゃれ)×グラマラス(魅惑的な)』な世界観を表現しています。「ベリーサ」が持つ上質な雰囲気に、艶やかさを加えたカラーコーディネーションを提案しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/

マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。



Source: マツダ株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング