シャープ、親機の受話器をコードレス化したデジタルコードレス電話機を発売

JCN Newswire / 2013年12月26日 16時36分

Osaka, Dec 26, 2013 - (JCN Newswire) - シャープは、親機の受話器をコードレス化したデジタルコードレス電話機「JDG55C/CL/CW」を発売します。

本機は、親機で電話を受けてもコードを気にすることなく話しながら室内を移動でき、電話の取り次ぎも簡単に行えます。また、着信時に相手の名前がわからない場合、電話に出ずにワンタッチで確認メッセージを流す「お名前確認」ボタンや、発信者の番号や電話帳登録の有無によって光る色が変わる「あんしんLED※1」機能など、迷惑電話対策が充実しています。

■ 主な特長

1.移動しながらの通話や電話の取り次ぎに便利な「親機コードレス」
2.相手の名前を確認してから電話に出ることができる「お名前確認」ボタンや「あんしんLED」機能など、迷惑電話対策が充実
3.通話中にワンタッチで受話音量を大きくできる「音量大」ボタンを搭載

■ その他の特長

- リビングなど設置場所に合わせて選べる2色※2のカラーバリエーション清潔感のあるホワイト系と落ち着いた印象のブラウン系を展開
- 無線LANなど2.4GHz帯を使用する機器との電波干渉がなく、クリアな通話品質を実現した
「DECT 1.9GHz方式※3」を採用

品名: デジタルコードレス電話機
形名: JD-G55C(親機のみ)/JD-G55CL(親機および子機1台)/JD-G55CW(親機および子機2台)
色調: ホワイト系/ブラウン系※2
希望小売価格: オープン
発売日: 2014年1月24日
月産台数: 6,000台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/131226-a.html

※1 「あんしんLED」のご利用には、ナンバー・ディスプレイ(有料)の契約が必要です。
※2 JD-G55Cはホワイト系のみ
※3 DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)とは、ETSI(欧州電気通信標準化機構)が策定した世界で広く利用されているデジタルコードレス電話の通信方式のひとつです。本製品はARIB(一般社団法人電波産業会)の標準規格「ARIB STD-T101」に準拠しています。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング