トヨタ、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が600万台を突破

JCN Newswire / 2014年1月15日 17時10分

Toyota City, Jan 15, 2014 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が、2013年12月末までに、607.2万台※1となり、600万台を突破したと発表した。(トヨタ調べ)

トヨタは、環境への対応を経営の最重要課題の1つと位置付け、「エコカーは普及してこそ環境への貢献」との考えのもと、これまでハイブリッド車の普及に取り組んできた。1997年8月に日本でコースターハイブリッドEVを発売、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売して以来、多くのお客様に支えられ、2013年3月末に500万台を突破してから約9か月で累計販売台数600万台を達成した。

2014年1月現在、トヨタは、ハイブリッド乗用車24モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを、合わせて約80の国・地域で販売している。1月15日発売の新型ハリアーのハイブリッド車や、米国で近々投入予定の新型ハイランダーハイブリッドなどを始め、2014年、15年の2年間でグローバルで新型ハイブリッド車を15モデル投入する予定であり、引き続き更なるラインナップの拡充、販売地域の拡大に努めていく。

なお、2013年12月末までに販売したハイブリッド車※2のCO2排出抑制効果※3は、車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、約4,100万トンに上るとトヨタでは試算しており、気候変動の原因のひとつとされるCO2の削減に寄与したと考えている。また、ガソリン消費抑制量は、同等クラスのガソリンエンジン車のガソリン消費量と比較し、約1,500万kLの効果があったと試算している。

トヨタは、各種のエコカー開発に必要なすべての要素技術を含み、様々な燃料と組み合わせることができるハイブリッド技術を「21世紀の環境コア技術」と位置付け、ハイブリッド車以外のエコカー開発にも取り組んでいる。そして、ハイブリッド車についても、より多くのお客様に選んでいただけるよう、更なる高性能化やコスト低減、商品ラインナップの拡充に今後も取り組んでいく。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/14/01/nt14_0101.html

※1 プラグインハイブリッド車を含む
※2 コースターハイブリッドEV、クイックデリバリー200を除く
※3 市場走行台数×走行距離×燃費(各国実走行燃費)×CO2換算係数

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング