ホンダ、汎用ポンプWBシリーズを一部改良し発売

JCN Newswire / 2014年1月24日 15時22分

Tokyo, Jan 24, 2014 - (JCN Newswire) - Hondaは、タイの二輪車・汎用製品の生産会社であるタイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッド(本社:タイ・バンコク、社長:江口俊一 以下タイホンダ)で生産しているエンジン式汎用ポンプ「WB20XT」と「WB30XT」を一部改良し、2月3日(月)より日本全国のHonda汎用製品特約店ならびに特約ホームセンターで販売します。

WB20XTとWB30XTは、ポンプ内の水流抵抗を軽減する4枚翼の高効率インペラを採用。これにより、水の揚力・吐出性能に寄与するとともに燃費性能が最大10%向上※1しました。WB20XT(2インチ※2)は、高い位置への揚水に適し、WB30XT(3インチ※2)は、より多くの水を吐出するのに適しています。ともに田畑の灌漑(かんがい)をはじめとする各種工事現場での吸・排水作業などの幅広い用途に適した水ポンプです。

タイホンダにおける汎用エンジンを搭載したポンプの生産台数は、1989年の生産開始以来、累計224万4,181台※3に達しており、タイをはじめとする世界各国へ供給を拡大しています。

● 販売計画台数(国内合計、年間)1,500台

● メーカー希望小売価格(消費税5%込み)

WB20XT 79,380円
WB30XT 98,175円

● 汎用ポンプWBシリーズ主要諸元

名称: WB20XT
タイプ(区分): JR
全長×全幅×全高(mm): 485×365×425
機体質量[乾燥重量(kg)]: 20
ポンプ
- 吸込・吐出口径(mm)[インチ]: 約50[2]
- 吸込・吐出口ネジサイズ: PF2
- 最大全揚程(m): 32
- 最大吸込揚程(m): 7.5
- 最大吐出量(L/min): 620
エンジン
- 名称: GX120T2
- 種類: 空冷4ストローク単気筒OHV
- 総排気量(cm3): 118
- 最大出力(kW[PS]/rpm)*: 2.6[3.5]/3,600
- 使用燃料: 自動車用無鉛ガソリン
- 燃料タンク容量(L): 2.0
- エアクリーナー方式: セミドライ
- 点火方式: トランジスタ式マグネト
- 始動方式: リコイルスターター(手動)
- 連続運転可能時間(h)[最大吐出量時]: 約1.7

名称: WB30XT
タイプ(区分): JR
全長×全幅×全高(mm): 510×385×455
機体質量[乾燥重量(kg)]: 26
ポンプ
- 吸込・吐出口径(mm)[インチ]: 約80[3]
- 吸込・吐出口ネジサイズ: PF3
- 最大全揚程(m): 23
- 最大吸込揚程(m): 7.5
- 最大吐出量(L/min): 1,100
エンジン
- 名称: GX160T2
- 種類: 空冷4ストローク単気筒OHV
- 総排気量(cm3): 163
- 最大出力(kW[PS]/rpm)*: 3.6[4.9]/3,600
- 使用燃料: 自動車用無鉛ガソリン
- 燃料タンク容量(L): 3.1
- エアクリーナー方式: セミドライ
- 点火方式: トランジスタ式マグネト
- 始動方式: リコイルスターター(手動)
- 連続運転可能時間(h)[最大吐出量時]: 約1.9

※1 従来モデル比。Honda調べ
※2 吸込側および吐出側の口径
※3 2013年12月末現在。Honda調べ

* 本リリースに表示したエンジン出力はSAE J1349に準拠して3,600rpm(最大出力)で測定された代表的なエンジンの出力値です。量産エンジンの出力はこの数値と変わることがあります。完成機に搭載された状態での実出力値はエンジン回転数、使用環境、メンテナンス状態やその他の条件により変化します

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社

Contact:

お客様相談センター
0120-112010(いいふれあいを)


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング