トヨタ、2014年のモータースポーツ活動および支援計画を発表

JCN Newswire / 2014年1月30日 16時47分

Toyota City, Jan 30, 2014 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、2014年のモータースポーツ活動および支援計画を発表した。

トヨタはモータースポーツ活動をクルマの持つ「夢」や「感動」をお客様にもたらす大切なものと位置づけ、クルマを通じてお客様とより多くの「喜び」を分かち合うため、LEXUS Racing 、TOYOTA Racingを通じて、引き続き、各国や各地域に根ざした活動を推進する。

また、GAZOO Racingを通じて、メーカーの枠を超え、様々なフィールドでクルマ好きを増やし、モータースポーツの裾野を広げることに取り組んでいく。

モータースポーツには、人やクルマ・技術を鍛えるというもう一つの大事な狙いがあり、これらの活動を通じて、そこで育った人材や得られたノウハウを、今後の「もっといいクルマづくり」に活かしていく。

LEXUS Racing 、TOYOTA Racingでは、伝統のル・マン24時間レースを含む「FIA世界耐久選手権(WEC)」、米国の「NASCAR」、国内トップカテゴリーの「SUPER GT」、「スーパーフォーミュラ」へ参戦するほか、「ダカールラリー」へ参戦するトヨタ車体(株)を支援する。

GAZOO Racingでは、「GAZOO Racing ワクドキ ドライビング!」や「GAZOO Racing 86/BRZ Race」など、クルマ本来の魅力を楽しむ場を拡大するともに、TRDラリーチャレンジなどへ協賛支援することで参加型モータースポーツの振興に貢献していく。また、ニュルブルクリンク24時間耐久レースへも引き続き挑戦する。

さらに、従来のファンのみならず、より多くのお客様にモータースポーツの素晴らしさを理解いただくために体制の強化を行った。モータースポーツに関する企画、参戦及びマーケティングに係わる機能を、モータースポーツ部からトヨタのグローバルマーケティングを担当する「(株)トヨタモーターセールス&マーケティング(TMSM)」に移管した。

なお、これまでのモータースポーツ部は「モータースポーツユニット開発部」と改称し、技術開発と参戦支援に特化する。

今後も、トヨタはトヨタ関連会社とともに、モータースポーツ活動を通じて、より多くのお客様にクルマの楽しさを、観て、知って、味わっていただく活動を進め、クルマ文化の発展に貢献していく。

また、モータースポーツをはじめ、「クルマの話になると目の色が変わる」、そんなクルマ好きの気持ちにもっと応えていくため、様々な取り組みを加速させていく。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/14/01/nt14_0105.html

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング