ドコモ:着るだけで生体情報の連続計測を可能とする機能素材“hitoe”を開発及び実用化

JCN Newswire / 2014年1月30日 17時39分

Tokyo, Jan 30, 2014 - (JCN Newswire) - 東レ株式会社(東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号、代表取締役社長:日覺 昭廣、以下、東レ)と日本電信電話株式会社(東京都千代田区大手町1丁目5番1号 大手町ファーストスクエア、代表取締役社長:鵜浦 博夫、以下、NTT)は、着衣するだけで心拍数・心電波形などの生体情報を取得できる機能素材“hitoe”を開発、実用化いたしました。また、株式会社NTTドコモ(東京都千代田区永田町2丁目11番1号、代表取締役社長:加藤かおる、以下、ドコモ)は2014年中を目途に、“hitoe”を利用した生体情報計測用ウェアとスマートフォンなどを活用したサービスの提供を開始する予定です。

今回、東レとNTTは、最先端繊維素材であるナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングすることで、耐久性に優れ、生体信号を高感度に検出できる機能素材“hitoe”の実用化に成功しました。“hitoe”は肌へのフィット性や通気性などを兼ね備えており、この素材を使用した生体情報計測用ウェアを着用することによって、日常生活のさまざまなシーンにおいて心拍数や心電波形などの生体情報を快適かつ簡単に計測できるようになります。両社は今後、“hitoe”を活用した生体情報計測用ウェアの商品化への取り組みを開始してまいります。

また、ドコモは、“hitoe”のようなウェアラブル製品を活用し、ドコモ・ヘルスケア社の健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)(R)注意1」と連携することを始め、スポーツ分野や健康増進分野などを中心とした新しいサービスの提供を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2014/01/30_00.html

注意1 「WM(わたしムーヴ)(R)」
ドコモ・ヘルスケア社が展開する健康プラットフォーム事業のブランド名称。同事業を通じて、生涯にわたるライフスタイルをお客様に提案し、健康なからだづくりのサポートを行っている。

NTT ドコモ

詳細は www.nttdocomo.co.jp をご覧ください。



Source: NTT ドコモ

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング