ドコモ、「一部特番通話(100番通話、106番通話)」のNTT東西との相互接続を廃止

JCN Newswire / 2014年1月30日 17時53分

Tokyo, Jan 30, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、東日本電信電話株式会社および西日本電信電話株式会社(以下、NTT東西)の設備との相互接続によりFOMA(R)・Xi(クロッシィ)(R)・衛星電話サービス「ワイドスター(R)」「ワイドスターII」において特番通話(局番なしの3桁の番号:100番通話、106番通話)を利用可能となっておりましたが、2015年7月31日(金曜)をもってNTT東西が一部特番通話(局番なしの3桁の番号)を終了することに伴い、当社も当該相互接続を廃止することとなりました。なお、これによりドコモにおいては「100番通話」および「106番通話」のご利用ができなくなります。

ドコモは今後もお客さまへの一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

提供を終了する特番通話(局番なしの3桁の番号):

- 通話料金等のお知らせ(100番通話:局番なしの100):
<サービス内容>
NTT東西のオペレータを通じて通話を接続し、通話終了後に当該オペレータより通話料金・通話時分をお知らせするサービス

- コレクトコール(106番通話:局番なしの106):
<サービス内容>
着信者による料金負担での通話を希望する発信者からの通話を、NTT東西のオペレータが着信者の支払い承諾を確認の上、接続するサービス

提供終了日: 2015年7月31日(金曜)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2014/01/30_01.html

NTT ドコモ

詳細は www.nttdocomo.co.jp をご覧ください。



Source: NTT ドコモ

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング