OKIのA4カラーLED複合機がGoogle Cloud Print(TM)に対応

JCN Newswire / 2014年2月5日 11時29分

当社初、ファームウェアのアップデートツール提供開始

Tokyo, Feb 5, 2014 - (JCN Newswire) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:平本隆夫、本社:東京都港区)は、このたび、ファームウェア注1アップデートをお客様ご自身で行うことができるツールの提供サービスを開始いたしました。このツールを利用することでお使いのプリンタや複合機を最新のファームウェアにすることが可能です。

サービスの第一弾として、COREFIDO2(コアフィード・ツー)シリーズで無線LAN標準対応のA4カラーLED複合機「MC562dnw」「MC362dnw」において、Google社が提供するプリント機能「Google Cloud Print (TM)」(以下GCP)に対応したファームウェアを提供します。本サービスは本日より開始します。お客様が、当社ウェブサイトからファームウェアアップデートツールをダウンロードし、複合機のファームウェアをアップデートすることで、GCPに対応できるようになります。

GCPは、Google社が開発したクラウドプリントサービスです。Googleアカウントのユーザーが、インターネットに接続されたデバイス(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)から、Google Docs(TM)やGmail(TM)といったアプリケーション経由でプリントできるサービスです。これにより、プリンタ専用のドライバをインストールすることなく、インターネットに接続しているどの端末からでもGoogle社のクラウドサービスを介して文書や写真などのプリントすることができます。

ビジネスLEDプリンタ・複合機COREFIDO(コアフィード)シリーズをはじめとした当社商品は、「セルフメンテナンス」をキーワードに開発しており、お客様ご自身でプリンタや複合機をバージョンアップできるサービスは、その一環として提供します。今後、本サービスは、利用可能なラインアップを随時拡充していく予定です。

OKIデータは、お客様のビジネスに最適なプリンティングソリューションを提供し、業務効率の向上に貢献していきます。

注1 ファームウェア: プリンタ・複合機本体に組み込まれた制御プログラムを指し、アップデートすることによって機能の追加・改善を行うことが可能。

沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 http://www.oki.com/jp/



Source: 沖電気工業株式会社

Contact:

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 北村
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com 


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング