パナソニック、フルHD対応 高画質・高機能ネットワークカメラ4機種を発売

JCN Newswire / 2014年2月7日 17時2分

屋内・屋外用のドーム型カメラのラインアップを充実

Osaka, Feb 7, 2014 - (JCN Newswire) - パナソニック システムネットワークス株式会社(代表者 高木 俊幸)は、アイプロシリーズのネットワークカメラとしてフルHD高画質の新製品 4機種を2014年2月より順次発売いたします。

今回発売する新製品は、新方式スーパーダイナミック機能を搭載。被写体内の照度差が大きくても撮影できる133dBの高ダイナミックレンジ性能を実現。また、高感度MOSセンサーと新方式ノイズリダクション機能(MNR:マルチプロセスノイズリダクション)により、暗い場所(最低照度0.04 ルクス)でもカラーでの動画撮影を実現します。加えて、新開発のコーデックエンジンの搭載により、フルHD(1920×1080p)画質で最大毎秒60フレームで映像を配信可能です(WV-SFV631L/SFN631L)。さらに、広角赤外線照明(IR LED)を標準搭載し、照度0ルクス環境下での撮影が可能なほか、屋外ドームタイプは優れた耐衝撃性(50J/IK10)※1と高い防塵性と防水性(IP66)※2を実現するなどの特長を備えています。

当社は今後も、アイプロシリーズの映像セキュリティ製品のラインアップを強化し、さまざまな現場での運用を考慮した製品を発売することで、ますます多様化するお客様のニーズに応えてまいります。

本製品は、2014年3月4日(火)~7日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催される「SECURITY SHOW 2014」パナソニックグループブース(小間番号:SS3701)に出品いたします。

【主な特長】

1. 新方式スーパーダイナミック機能により照度の差が大きくても撮影可能
2. 高感度MOSセンサーと新方式ノイズリダクション採用により低照度でもカラー動画を撮影
3. 新開発コーデックエンジン搭載。フルHD(1920×1080p)最大毎秒60フレーム配信

品名: アイプロシリーズ・新開発スーパーダイナミック方式フルHDネットワークカメラ
タイプ: フルHD屋外ドーム(1920×1080p/60fps)/HD屋外ドーム(1280×720p/60fps)/フルHD屋内ドーム(1920×1080p/60fps)/HD屋内ドーム(1280×720p/60fps)
品番: WV-SFV631L/WV-SFV611L/WV-SFN631L/WV-SFN611L
本体希望小売価格(税抜): 266,000円/209,000円/209,000円/152,000円
発売時期: 2014年2月14日/2014年2月14日/2014年3月/2014年3月

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※1 50J: 5Kgの金属おもりを1mの高さから3回落下させる衝撃への耐久性能を有する。
※2 IP66: 外来固体物に対して「耐塵形(6)」、水に対して「暴噴流(6)」の保護がなされていることを示します。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング