ソフトバンクモバイル、「スマート体組成計 SoftBank 301SI」を2月14日より発売

JCN Newswire / 2014年2月12日 17時35分

Tokyo, Feb 12, 2014 - (JCN Newswire) - ソフトバンクモバイル株式会社は、乗るだけで測定データがクラウド上に自動送信され、スマートフォンで簡単に健康管理ができる、3G通信機能を搭載した「スマート体組成計 SoftBank 301SI」(セイコーインスツル製)を2014年2月14日より発売します。

また、発売に合わせて、スマート体組成計の基本使用料(590円)が2年間無料となる「スマート体組成計基本料無料プログラム」や、スマート体組成計と「Fitbit Flex」をセットで契約すると月額料金の合計が110円引きの980円でご利用できる「ヘルスケアお得パック」、一台のスマート体組成計に登録できる最大4名までのお客さまが、スマートフォン向け健康管理「SoftBank HealthCare(ソフトバンクヘルスケア)」のさまざまなサービスを利用できる家族向けオプション「データ永年保管」(月額200円)を提供します。

なお、「バンバンのりかえ割」「ホワイト学割 with 家族 2014」の特典として、「ヘルスケアお得パック」が2年間実質無料になるなどの特典が、2014年2月14日より選べるようになります。

「スマート体組成計 SoftBank 301SI」概要

1. 発売日: 2014年2月14日

2. 利用料金: 基本使用料(スマート体組成計専用プラン): 月額590円

[注]
※ 「スマート体組成計専用2年契約」(2年単位の契約、自動更新)加入時の、スマート体組成計の3G通信サービスをご利用いただくための料金です。基本使用料には測定データをクラウド上に送信する通信料が含まれます。また、更新月(契約期間満了の翌請求月)以外の解約等には契約解除料9,500円がかかります。契約期間は適用開始となった日から翌請求月末までを1カ月目として計算します。なお、「スマート体組成計専用2年契約」に加入いただけない場合、基本使用料は月額1,180円となります。「スマート体組成計基本料無料プログラム」「ヘルスケアお得パック」「データ永年保管」など、そのほかの詳細はホームページをご覧ください。

3. 特長:

「SoftBank HealthCare」に対応した体組成計。3G通信機能を搭載しており、乗るだけで9つの測定データ(体重、体脂肪率、BMI、基礎代謝、内臓脂肪レベル、身体年齢、骨レベル、骨格筋レベル、水分量)がクラウド上に自動送信され、スマートフォンの「SoftBank HealthCare」アプリケーション※1で閲覧・管理できます。また、今回新たにパソコンやスマートフォンのブラウザ※2からもできるほか、あらかじめ登録した指定の携帯電話に体重、体脂肪率の測定結果をメール(SMS)で送信することもできます。さらに、乗るだけで測定を開始する機能や、あらかじめ登録した4人までのユーザーを判別する自動認識機能、ユーザー登録設定などをサポートする音声ガイダンス機能など、誰でも簡単に測定・設定できる機能が搭載されています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2014/20140212_01/

[注]
※1 「SoftBank HealthCare」アプリケーションのご利用には対応機種が必要となります。
※2 パソコンやスマートフォンのブラウザからの閲覧・管理には「スマート体組成計 SoftBank 301SI」が必要となります。

ソフトバンクモバイル株式会社

詳細は www.softbankmobile.co.jp をご覧ください。



Source: ソフトバンクモバイル株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング