シャープ、「大阪マリオット都ホテル」に液晶テレビ“AQUOS”とデジタルサイネージシステムを納入

JCN Newswire / 2014年2月13日 17時49分

Osaka, Feb 13, 2014 - (JCN Newswire) - シャープは、大阪の新しいランドマーク「あべのハルカス※1」内の「大阪マリオット都ホテル」(大阪市阿倍野区)へ、液晶テレビ“AQUOS”とデジタルサイネージシステムを納入しました。

「大阪マリオット都ホテル」は国際的都市型ホテルとして、“世界水準のホスピタリティと日本のおもてなし”をコンセプトに本年3月7日に開業します。

当社は今般、40V型~60V型まで366台の液晶テレビ“AQUOS”を55階のインペリアルスイートルームなどの客室へ納入。宿泊客へ高精細な映像を提供します。

また、19階のロビーなどにデジタルサイネージシステムを納入。内容や時間帯に応じて配信するコンテンツを個別に設定でき、館内案内やレストラン情報など効果的な情報提供に活用されます。

■「大阪マリオット都ホテル」に納入した機器およびシステム

液晶テレビ“AQUOS”

- 60V型 4K対応液晶テレビ“AQUOS”「LC-60UD1×1台」
- 60V型 液晶テレビ“AQUOS”「LC-60G9×3台」
- 46V型 液晶テレビ“AQUOS”「LC-46W9×153台」
- 40V型 液晶テレビ“AQUOS”「LC-40V8×209台」

デジタルサイネージシステム

- コンテンツ配信/表示システム「e-Signage ネットワーク版」*
- 47V型 液晶ディスプレイ「PN-E471R×2台」
- 46V型 液晶ディスプレイ「LB-T461 ×3台」
- 20V型 液晶ディスプレイ「LL-S201A×8台」

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/140213-a.html

※1 近畿日本鉄道株式会社が、大阪市阿倍野区に建設中の展望台・ホテル・オフィス・美術館・百貨店・駅からなる超高層複合ビル。2014年3月7日グランドオープン予定。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング