セントラル短資とTullett Prebonが、日本の合弁会社再編に合意

JCN Newswire / 2014年2月20日 13時16分

LONDON, UNITED KINGDOM and SINGAPORE, SINGAPORE and TOKYO, JAPAN, Feb 20, 2014 - (JCN Newswire) - 世界トップクラスのインターディーラーブローカーのTullett Prebonと、長年にわたり日本の合弁会社パートナーのセントラル短資は、東京での事業再編に合意しました。

セントラル短資による東京での事業の戦略レビュー後、セントラル短資は、両社の合弁会社として1997年の設立から運営されてきたYamane Tullett Prebon (Japan) Limitedの保有株をTullett Prebonに売却することに合意しました。

買収の結果、Yamane Tullett Prebon (Japan) LimitedはTullett Prebon Groupの100%子会社となり、Tullett Prebon (Japan) Limitedと社名変更します。

Tullett Prebonアジア太平洋地域最高経営責任者のBarry Dennahyは、次のようにコメントしました。

「我々はセントラル短資と長年互恵的関係にありました。東京の合弁会社に対する彼らの貢献とサポートは素晴らしいものでした。我々は今後も、お客様のプライスディスカバリやトレーディングニーズに対応するため、お客様との協業を続けたいと考えています。」

Tullett Prebonについて

Tullett Prebon ( www.tullettprebon.com )は、世界大手のインターディーラーブローカーで、ホールセール金融市場で仲介業務を行っており、7つの主要商品グループ(レート、ボラリティ、米国債、ノンバンキング、エネルギー&コモディティ、クレジット、株式)のクライアントの取引活動を促進しています。

Tullett Prebonは、クライアントのニーズに対応し、規制で促進される市場進化に適合するために、23か国の事務所で、音声、ハイブリッド、エレクトロニクス、音量一致、アルゴリズム一致、およびリスク軽減プラットフォームを運用しています。2013年9月24日にTullett Prebonは、米国商品先物取引委員会(CFTC)からスワップ実行ファシリティ(SEF)、tpSEF Inc.の一次登録を受けています。Tullett Prebonは、他のすべての法域でも規制遵守インフラの提供を続けていきます。

仲買サービスに加えて、Tullett Prebonでは、さまざまな市場情報サービスをTullett Prebon InformationのIDB Market Data部門を通じて提供しています。Tullett Prebonは、米国商品先物取引委員会(CFTC)からスワップ実行ファシリティ(SEF)、tpSEF Inc.の一次登録を受けています。Tullett Prebonは、他のすべての法域でも規制遵守インフラの提供を続けていきます。

仲買サービスに加えて、Tullett Prebonでは、さまざまな市場情報サービスをTullett Prebon InformationのIDB Market Data部門を通じて提供しています。

Tullett Prebonは、ロンドン、ニュージャージー、香港、シンガポール、および東京に主要事務所を、バンコク、ドバイ、フランクフルト、ジュネーブ、米国テキサス州ヒューストン、ジャカルタ、ヨハネスブルク、ルクセンブルグ、マドリード、マナマ(バーレーン)、マニラ、メキシコ、ムンバイ、ニューヨーク、パリ、サンパウロ、ソウル、上海、シドニー、トロント、ワルシャワ、およびチューリッヒに他の事務所、合弁会社および子会社を擁しています。

www.tullettprebon.com/about/legal/about_publicationsdisclaimer.aspx

Tullett Prebon
Alexandra Wick
Marketing & Communications
+44 (0) 207 200 7579または+44 (0)7787 269 232
awick@tullettprebon.com

Tullett Prebon





Source: Tullett Prebon

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング