三菱自、新型軽商用車「ミニキャブ トラック」「ミニキャブ バン」など発売

JCN Newswire / 2014年2月27日 17時4分

Tokyo, Feb 27, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、新型軽商用車「ミニキャブ トラック」(メーカー希望小売価格:784,350~1,171,800円*1)、「ミニキャブ バン」(879,900~1,383,900円*1)、新型軽乗用車「タウンボックス」(1,428,000~1,690,500円*1)を、全国の系列販売会社を通じて2月27日(木)より販売します。

「ミニキャブ トラック」は、クラストップ*2の荷台フロア長と低い荷台床面地上高により、様々な荷物を豊富に積載することができ、積み降ろしがしやすく、作業効率を大幅に高めています。また、クラストップ*2の室内幅によりゆとりある室内空間を実現したほか、足元スペースを広くとったことによる運転のしやすさ、広いドア開口部と低いシート座面による良好な乗降性を実現しています。さらに、最小回転半径3.6mと小回りが利くショートホイールベースで、悪路での走破性、積載時の重量バランスにも優れ、様々な場面での使い勝手を高めています。

「ミニキャブ バン」は、荷室床面長、荷室幅、荷室高を最大限に確保し、低い荷室床面地上高と、広いリヤゲート開口部で、四隅まで無駄なく収納でき、豊富な積載量を誇る荷室空間としました。また、インパネシフトを採用し、前席足元にゆとりのスペースを確保し、運転席と助手席の間の移動を可能にしました。前席・後席ともクラストップ*2の低い乗降ステップ地上高で、優れた乗降性を実現しています。

「タウンボックス」は「ミニキャブ バン」をベースとしたワゴンタイプの軽乗用車で、広々とした室内空間と荷室空間はそのままに、上質で優しい印象を与えるベージュ内装とし、ワゴンとしての快適性を高めながら、乗員数や積載量に応じて多彩なシートアレンジを可能にしています。また、エアロ形状を取り入れ、要所にメッキを配したスタイリッシュで上質なエクステリアとしています。

いずれのモデルも、スズキ株式会社からのOEM供給車です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

*1…消費税率5%での価格です。2014年4月以降の登録(届出)になった場合は消費税率8%が適用されます。
*2…2014年2月現在、自社調べ。

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング