ミツビシ・モーターズ・タイランド、R&D強化の一環としてテストコースを新設

JCN Newswire / 2014年3月14日 17時7分

Tokyo, Mar 14, 2014 - (JCN Newswire) - ミツビシ・モーターズ・タイランド(社長: 植木将彦、以下MMTh)は、2014年3月13日、同社の生産工場近くにテストコースを新設すると発表しました。

MMThは、生産能力の拡大に伴い研究開発機能の増強を図ってきましたが、テストコースの新設もその一環となります。

テストコースでは、耐久性評価による開発段階での品質向上に加え、市場性・デザイン性評価やベンチマークテストなどによりアセアン市場に合ったクルマの開発、商品力強化に取り組みます。
また、既に生産しているモデルの品質評価や不具合調査も行っていく計画です。

タイのR&Dは、日本、米国、中国に次いでアセアン地域で初めて、またテストコースは、日本の岡崎技術センター、十勝研究所に次いで、海外で初となり、MMThの生産工場近くに2015年3月の完成を目指しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング