シャープ、「50周年記念 新製品デザイン投票」を実施

JCN Newswire / 2014年3月18日 17時28分

国産第1号電卓の発表から50年

Osaka, Mar 18, 2014 - (JCN Newswire) - シャープは、1964年3月18日に国産第1号電卓(電子式卓上計算機)となるオールトランジスタ電卓「CS-10A」を発表※1以来、今年で50周年を迎えました。

当社はこれまで、第1号電卓の発表以来「小型・薄型化」や「低消費電力化」などさまざまな技術開発に取り組み、市場ニーズに対応した製品を開発。これまでに累計約7億台の電卓を生産してまいりました。2005年12月には世界的な電気・電子学会であるIEEE※2より各産業への功績が評価され、『IEEE マイルストーン※3』に認定されたほか、電卓の開発・製品化において採用した液晶、半導体、太陽電池などのデバイスは、現在の当社を担う主力事業に成長しています。

今回、発表から50周年を迎えるにあたり、新製品のデザイン投票を実施いたします。一般の方からの投票で選ばれたデザインを記念モデルとして製品化する新たな試みで、本年夏以降に発売いたします。

当社は今後も、用途やシーンに合わせたサイズやデザイン、便利な機能などを搭載し、魅力ある電卓を開発してまいります。

「50周年記念 新製品デザイン投票」概要

- 投票期間: 2014年3月18日(火)~4月10日(木)
- 投票方法: 12種類のデザイン画像から、製品化したいデザインを1つ選び投票いただきます。
(当社会員サイト“SHARP i CLUB”の専用ページから投票いただきます※4)
- 結果発表: 6月下旬(予定)
人気No.1のデザインに投票いただいた方の中から、抽選で100名の方に投票で選ばれた50周年記念モデルをプレゼントいたします。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/140318-a.html

※1 1964年6月発売。
※2 IEEE(正式名称:The Institute of Electrical and Electronics Engineers,Inc.)
アメリカに本部のある世界最大の電気・電子技術者による非営利団体組織(学会)であり、「アイ・トリプル・イー」と称されています。世界160カ国以上、40万人以上におよぶ会員を擁し、コンピューター、電子、通信、電力、航空、バイオなどにおいて、先端的な取り組みがなされ、各々の技術分野で指導的な役割を担っています。
※3 IEEEが電気・電子技術およびその関連分野において、社会に貢献した重要な歴史的偉業を称えるために1983年に制定し、認定するものです。これまでボルタ電池やフレミングの二極管など世界で約140件がマイルストーンに認定されています。当社は電卓に加え、2010年4月には太陽電池も認定されています。
※4 “SHARP i CLUB”への会員登録(無料)が必要です。“SHARP i CLUB”に関する情報は、下記ホームページをご覧ください。
( https://iclub.sharp.co.jp/ )

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング