日立、小平記念東京日立病院を医療法人社団大坪会に譲渡

JCN Newswire / 2014年3月26日 17時16分

Tokyo, Mar 26, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長:中西宏明/以下、日立)は、このたび、当社が運営する小平記念東京日立病院(東京都文京区湯島/以下、東京日立病院)を、2014年4月1日付けで医療法人社団大坪会(理事長 大坪 修/以下、大坪会)に事業譲渡いたします。事業譲渡後の新病院の名称は「東都文京病院」となります。

東京日立病院は、当社の創業50周年記念事業として1960年に開設されて以来、地域に開放された総合病院として、多くの方々に利用されてきました。「最新の医療をあたたかい心で」という理念のもと、今日まで取り組んできました。

今般、同病院が地域のニーズに沿った医療を充実させ、その役割を継続的に果たすべく、複数の病院運営に加え、健診、介護、医療教育など、医療全般に幅広い知見、実績とリソースを有する大坪会へ経営を移管し、地域医療への一層の貢献を図ることとしました。

なお、現状の診療科目、診療体制は事業譲渡後の病院に引き継がれるため、現在診療を受けている患者の方々への影響はありません。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/03/0326a.html

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング