ソフトバンクテレコム、公衆無線LANがSNSアカウントで利用可能に

JCN Newswire / 2014年3月27日 17時58分

ソーシャルアカウントを使ったID認証で、訪日外国人のネット利用の利便性を向上

Tokyo, Mar 27, 2014 - (JCN Newswire) - ソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」のプリペイドIDにおいて、4月1日からTwitterなどのソーシャルメディアのアカウントを使って利用登録できるようになりますのでお知らせします。

「BBモバイルポイント」プリペイドIDは、プロバイダー契約が不要で急な出張や旅行の時などに安全にインタ-ネットが利用できるサービスです。従来は利用登録時に国内携帯電話事業者発行のメールアドレスの登録が必要でしたが、今後は従来のメールアドレス登録に加え、新たにソーシャルメディアのアカウントで利用登録することができるようになりました。ソーシャルアカウントでは「BBモバイルポイント」エリア内で利用登録が可能でサービス利用開始までのプロセスが簡素化され携帯電話などの用意も不要となりました。これによりWi-Fi専用端末の利用者や短期滞在の訪日外国人にも手軽に「BBモバイルポイント」プリペイドIDの利用が可能になります。

「BBモバイルポイント」プリペイドIDのソーシャルアカウント利用登録について

「BBモバイルポイント」は、プロバイダー契約不要で簡単な手続きだけで、急な出張や旅行の時でもすぐにインタ-ネットがご利用になれる公衆無線LANサービスです。

1. 利用可能なソーシャルアカウントなど

Twitter・Facebook(R)
Google+
Yahoo! JAPAN

2. 「BBモバイルポイント」プリペイドID購入方法
下記コンビニエンスストアのマルチメディア端末からご購入いただけます。

ファミリーマート: Famiポート
サークルKサンクス: カルワザステーション

3. マルチログイン画面表示言語

日本語、英語
韓国語・中国語(繁体字、簡体字)にも対応予定

4. 「BBモバイルポイント」提供エリア

JR駅構内をはじめ空港やカフェ、ファストフード店など「BBモバイルポイント」のステッカーのあるエリアで無線LANによるインターネットがご利用できます。提供エリア数は全国約4,900アクセスポイントです。(2014年2月末現在)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.softbank.jp/corp/group/sbtm/news/press/2014/20140327_01/

ソフトバンクテレコム株式会社

詳細は www.softbanktelecom.co.jp をご覧ください。



Source: ソフトバンクテレコム株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング