三菱自、フィリピン生産販売会社の体制を再構築

JCN Newswire / 2014年3月31日 18時11分

Tokyo, Mar 31, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、フィリピンにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(以下、MMPC)が、FORD MOTOR COMPANY (PHILIPPINES), INC.の所有する工場跡地(ラグーナ州ラグーナ市)を取得し、現本社・工場(リサール州カインタ市)から移転の上、2015年1月より順次生産を開始すると発表しました。

三菱自動車は、長年にわたりフィリピンにおける車体の生産・販売事業に取り組んでいますが、MMPCはこの間、同国の自動車生産会社として初めて累計生産50万台を達成するなど、同国の自動車産業とともに成長・発展を続けてきました。

MMPCは、本社・工場を移転して生産体制の再構築を図り、今後も自動車市場の持続的拡大が見込まれるフィリピンにおいて、将来の成長に備えていく計画です。

三菱自動車は、2016年度までの中期経営計画「ニューステージ 2016」において、その事業戦略の柱の一つとして「アセアン地域の生産体制強化」を掲げており、フィリピンにおける生産体制の強化もその一環となります。長きにわたる事業の歴史と地域に根付いた事業活動が受け入れられ、フィリピンでは高い販売シェアを維持していますが、今後も販売拡大に向けて、生産体制の再構築を含めた事業基盤の強化に取り組んでいきます。

【 Mitsubishi Motors Philippines Corporation (MMPC) の概要 】
設立(MMPCの前身): 1972年5月
本社・工場所在地: フィリピン リサール州 カインタ市
資本金: 1,640百万ペソ
主な事業内容: 三菱自動車の生産及び販売
代表者: 柴田 彦三郎(社長)
株主: 三菱自動車工業株式会社 51%、双日株式会社 49%
生産能力: 3万台/年
販売車種:
【フィリピン生産】
ランサーEX、アドベンチャー、L300
【タイ生産】
ミラージュ、ミラージュG4(アトラージュ)、モンテロスポーツ(パジェロスポーツ)、L200、ストラーダ
【日本生産】
ASX、パジェロ

2013年販売実績/シェア: 42,360台/20.5%

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング