シャープ、プラズマクラスター技術が黄砂に付着している細菌・カビの抑制効果など実証

JCN Newswire / 2014年4月3日 17時22分

Osaka, Apr 3, 2014 - (JCN Newswire) - シャープは、プラズマクラスター※1技術が黄砂に付着している細菌・カビの抑制効果およびPM2.5に含まれている有機化学物質の除去効果を有していることを実証しました。

(株)食環境衛生研究所※2への委託試験において、プラズマクラスター技術が黄砂に付着している食中毒の原因となるバチルス・セレウス菌(以下、セレウス菌)とアレルギーを引き起こすといわれているカビの一種であるビルカンデラ菌を99%以上抑制することを実証しました。

また、(株)住化分析センター※3への委託分析※4において、プラズマクラスター技術が粒子状物質PM2.5に含まれている酸性雨の原因物質である芳香族カルボン酸(安息香酸)を約98%除去、自動車などの排ガスに含まれている物質であるアルカン(ヘキサデカン)を約99%除去することを実証しました。

細菌やカビの抑制効果や有機化学物質の除去効果を、実使用に近い25m3(約6畳)および
28.5m3(約7畳)において確認できたことにより、プラズマクラスター技術が環境汚染物質に対して効果を発揮し、健康な空気環境を実現する技術として役立つことが期待されます。

当社は2000年より、プラズマクラスター技術の効果を世界の第3者試験機関と共同で実証するアカデミックマーケティング※5を進めてきました。これまで23※6の第3者試験機関で、ウイルス・細菌・アレルゲンなどの有害物質の作用抑制や美肌や美髪などにも効果があることを実証するとともに、その安全性を確認※7しています。

当社は今後も健康的な環境を創出するために、プラズマクラスター技術のさらなる進化とその効果の実証を進めてまいります。

1.黄砂に付着している細菌・カビの抑制効果

種類: セレウス菌
試験空間: 25m3(約6畳)
処理時間: 6時間
抑制率: 99%以上
備考: 土壌や汚水など自然界に存在する食中毒の原因細菌

種類: ビルカンデラ菌
試験空間: 25m3(約6畳)
処理時間: 8時間
抑制率: 99%以上
備考: 喘息などアレルギー症状を引き起こすとされるカビ

2.PM2.5に含まれている有機化学物質の除去効果

種類: 芳香族カルボン酸(安息香酸)
試験空間: 28.5m3(約7畳)
処理時間: 8時間
除去率: 約98%
備考: 酸性雨の原因物質

種類: アルカン(ヘキサデカン)
試験空間: 28.5m3(約7畳)
処理時間: 24時間
除去率: 約99%
備考: 自動車などの排ガスに含まれる物質

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/140403-a.html

※1 プラズマクラスターおよびPlasmaclusterは、シャープ株式会社の登録商標です。
※2 3ページの株式会社 食環境衛生研究所の紹介をご参照ください。
※3 国内最大級の総合分析会社。
※4 当社で試験を実施し、分析を委託。
※5 技術の効能について、先端の学術研究機関と共同で科学的データを検証し、それをもとに商品化を進めるマーケティング手法。
※6 2014年4月3日現在。
※7 三菱化学メディエンス(株)にて試験(吸入毒性試験、眼および皮膚の刺激性・腐食性試験)。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング