ソニーとFIFA、2014年FIFAワールドカップブラジル大会の4K撮影を拡大

JCN Newswire / 2014年4月3日 17時23分

FIFA 4Kオフィシャル・フィルム制作をはじめ、4Kの取り組みを加速

Tokyo, Apr 3, 2014 - (JCN Newswire) - ソニー株式会社(以下、ソニー)とFIFA(国際サッカー連盟)は、現地時間の6月12日から7月13日までブラジルで開催される2014年FIFA ワールドカップ(以下、「本大会」)において、FIFA 4K映像オフィシャル・フィルムを共同で制作するなど、4Kの取り組みを加速します。

ソニーは、放送業務用機器からテレビ、プロジェクター、ビデオカメラ等のさまざまな民生用製品まで4K映像機器を幅広く展開しており、4Kの撮影・制作から視聴までの一貫したソリューションを提供しています。オフィシャルFIFAパートナーであるソニーとFIFAは互いに連携して、4K体験の機会を広げていくために、以下の取り組みを行います:

- ソニーとFIFAは、本大会のFIFA 4K映像オフィシャル・フィルムを共同で制作します。オフィシャル・フィルムには、決勝戦など本大会の試合が4Kで収録され、本大会以降4Kコンテンツ配信サービスなどでFIFAから配信される予定です。
- FIFAはソニー製の4K放送業務用機材を使用して、リオデジャネイロのマラカナンスタジアムにおける本大会の決勝トーナメント一回戦(現地時間6月28日)・準々決勝(同7月4日)・決勝(同7月13日)を撮影します。ソニーは4K映像制作システムの構築など各種技術支援を行います。本大会の撮影には、ソニーの CineAlta(TM) 4Kカメラ「PMW-F55」、マルチポートAVストレージユニット「PWS-4400」、4K業務用モニター「PVM-X300」や4Kマルチフォーマットスイッチャー「MVS-7000X」(予定)などが使用されます。制作された4Kコンテンツは前述のオフィシャル・フィルムに収録されます。
- 本大会の幾つかの試合会場、および本大会開催期間中にブラジルの複数の都市で開催されるFIFA主催のHD映像によるパブリックビューイングイベントFIFA Fan Fest(TM) に設営されるソニーの展示ブースにおいて、お客様が2014年FIFAオフィシャル・フィルムの予告編として試合映像の一部を4K/60Pで視聴いただける機会を提供します。
- 世界各地のソニーのショールームおよび販売店において、お客様が4K/60Pの2014年FIFAオフィシャル・フィルムの予告編をソニーの4K対応液晶テレビ ブラビア(TM)で視聴いただける機会を提供します。

ソニー 河内聡一FIFAパートナーシップ担当VPのコメント:
「ソニーは、2014年FIFAワールドカップという世界最高峰のスポーツイベントで、FIFAとの連携を通じてソニーならではの高い技術力と付加価値の高い製品とソリューションでサッカーの新たな楽しみ方を提案できることを大変嬉しく思います。4Kの高精細映像ゆえの迫力と臨場感でぜひブラジル大会の感動をご体験ください。」

FIFA テレビ部門ディレクター、ニクラス・エリクソンのコメント:
「私たちFIFAは世界中のファンに最高のサッカー中継を届けるために、ワールドカップで技術的なイノベーションを推進してきました。ソニーとともに2014年FIFAワールドカップを4Kで制作できることに大変な期待を寄せています。4Kは世界中のファンに全く新しい視聴体験とスポーツ中継における新たな時代をもたらすことになります。」

本大会においてソニーとFIFAは、これまでの4K試験撮影における各種技術検証で蓄積したノウハウを展開し、スピード感溢れるサッカーのトッププレーが繰り広げられる本大会においても、貴重なシーンを4Kの高精細で余さず捉えていきます。4Kならではの臨場感と迫力は、躍動感のあるシュートや選手の試合中の細かな表情、観客席の応援のうねりなどを鮮明に伝え、まるでスタジアムで実際に観戦しているかのような体験をもたらします。ソニーとFIFAは、4Kの取り組みを加速し、2014年FIFAワールドカップの感動を世界中の人々にお届けしていきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201404/14-0403/

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング