ソニー、家庭でも手軽に高画質映像を楽しめるフルHDホームシアタープロジェクターを発売

JCN Newswire / 2014年4月17日 17時26分

Tokyo, Apr 17, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、家庭でも手軽に高画質映像を楽しめるフルHDホームシアタープロジェクター「VPL-HW55ES」「VPL-HW35ES」の2機種を発売します。

「VPL-HW55ES」は、従来機「VPL-HW50ES」の高画質性能をさらに強化し、ダイナミックコントラスト比を最大120,000:1に向上した高コントラストモデルです。新たにラインアップに加わった「VPL-HW35ES」では充実した基本性能はそのままに価格を抑え、ホームプロジェクターをより身近なものとします。

両機は、劇場用のデジタルシネマプロジェクターでも採用されている反射型液晶デバイスSXRD(TM)(Silicon X-tal Reflective Display)や、4Kホームシアタープロジェクター「VPL-VW1100ES」「VPL-VW500ES」に採用されている超解像技術「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」など、上位機種に採用されているソニーの高画質技術を継承し、ご家庭にも高画質映像をお届けします。

ソニーは、大画面でのホームエンタテインメントを、より身近に、また通常のリビングルームの環境においても高画質映像を楽しんでいただけるよう、新たなホームシアターの世界、映像美を提案してまいります。

「VPL-HW55ES」「VPL-HW35ES」の主な特長

1. 用途に合わせて選べる2機種を展開
2. ソニー独自の反射型液晶デバイス「SXRD」とフルHD用「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載(「VPL-HW55ES」「VPL-HW35ES」共通)
3. 明るく高品位な映像を再現する高輝度設計と「ブライトシネマ/ブライトTV」モード(「VPL-HW55ES」「VPL-HW35ES」共通)
4. 進化したコントラスト自動制御アルゴリズム「アドバンストアイリス3」により、ダイナミックコントラスト比が120,000:1に向上(「VPL-HW55ES」のみ)
5. 設置性に優れ、家庭にも導入しやすい設計(「VPL-HW55ES」「VPL-HW35ES」共通)

- 型名: ホームシアタープロジェクター「VPL-HW55ES」
メーカー希望小売価格: 345,000円+税
- 型名: ホームシアタープロジェクター「VPL-HW35ES」
メーカー希望小売価格: 245,000円+税

発売日: 2014年5月31日
カラー: ブラック/ホワイト

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201404/14-0417/

※1 プロジェクター本体の設定により異なります。
※2 従来機(VPL-HW50ES)のダイナミックコントラスト比 最大100,000:1
※3 3D視聴には、3Dメガネ「TDG-PJ1」(別売)が必要です。
※4 プロジェクター本体の設定および使用環境により異なります。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング