エーザイ、第50回米国臨床腫瘍学会年次総会でがん領域の開発品・製品に関する最新試験データを発表

JCN Newswire / 2014年5月15日 18時55分

新規抗がん剤「レンバチニブ」について、放射性ヨウ素治療抵抗性の分化型甲状腺がんに対する臨床第III相試験結果を発表予定

Tokyo, May 15, 2014 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、2014年5月30日から6月3日まで米国シカゴで開催される「第50回米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology:ASCO)年次総会」において、当社が創製したハラヴェン(R)(一般名:エリブリンメシル酸塩、以下「エリブリン」、非タキサン系微小管ダイナミクス阻害剤)およびレンバチニブメシル酸塩(一般名、以下「レンバチニブ」、新規結合型選択的チロシンキナーゼ阻害剤)に関する最新試験データを発表しますのでお知らせします。

主な発表として、レンバチニブでは、6月2日(月)に放射性ヨウ素治療抵抗性の分化型甲状腺がんを対象とした臨床第III相試験(SELECT試験、Study of E7080 “LEnvatinib” in Differentiated Cancer of the Thyroid、303試験)に関する試験結果が口頭発表されます。また、本演題は、ASCOより年次総会のプレスプログラムにも選択され、5月31日(土)8時(会場:E353a、McCormick Place)に開催されるプレスカンファレンスにおいて発表されます。

エリブリンでは、転移性乳がんにおける2つの臨床第III相試験(301試験およびEMBRACE試験)の統合解析結果がポスター発表されます。

当社は、がん関連領域を重要なフランチャイズ領域と位置づけており、最先端のがん研究から革新的な創薬を行い、がん患者様とそのご家族、さらには医療従事者の多様なニーズの充足とベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本年のASCO年次総会で採択された当社開発品・製品に関連する主な発表

製品・化合物: 発表演題・予定日時(現地時間)
- レンバチニブ(E7080) 抄録番号: LBA6008:
放射性ヨウ素治療抵抗性の分化型甲状腺がん患者を対象としたレンバチニブの多施設共同、二重盲検、プラセボ対照第III相試験(SELECT試験)
口頭発表: 6月2日(月)10:28-10:40(会場: E450、McCormick Place)
- レンバチニブ(E7080) 抄録番号: 11061:
各種固形がんにおける血中アンジオポエチン-2の予後予測及び効果予測の役割: レンバチニブを投与された約500症例の解析
ポスター発表: 5月31日(土)13:15-17:00
- レンバチニブ(E7080) 抄録番号: TPS4153:
切除不能肝細胞がん患者を対象とした1次療法としてのレンバチニブとソラフェニブの効果と安全性の比較:多施設共同、非盲検第III相試験
ポスター発表:5月31日(土)8:00-11:45
- レンバチニブ(E7080) 抄録番号: 8043:
3次療法以降の非扁平上皮、非小細胞肺がんの患者を対象としたレンバチニブとベストサポーティブケア(BSC)との併用とBSCとの比較
ポスター発表: 5月31日(土)13:15-17:00
- エリブリン(ハラヴェン(R)) 抄録番号: 631:
転移性乳がん患者におけるエリブリンの治療効果: HER2およびエストロゲン受容体の発現状況による統合解析結果
ポスター発表: 6月2日(月)08:00-11:45
- エリブリン(ハラヴェン(R)) 抄録番号: 629:
アントラサイクリンまたはタキサン系抗がん剤治療歴のあるHER2陽性/陰性の局所再発または転移性乳がん患者を対象としたエリブリンの1次療法の臨床効果: 多施設共同、単一群による2つの第II相試験の解析結果
ポスター発表: 6月2日(月)08:00-11:45
- エリブリン(ハラヴェン(R)) 抄録番号: 635:
HER2陽性の局所再発または転移性乳がん患者(トラスツズマブ前治療有無別)を対象としたエリブリン/トラスツズマブ併用1次療法の臨床効果: 多施設共同、単一群第II相試験結果
ポスター発表: 6月2日(月)08:00-11:45
- エリブリン(ハラヴェン(R)) 抄録番号: TPS670:
早期乳がん患者を対象としたG-CSFの予防投与有無でのドキソルビシン/シクロフォスファミド併用ドーズデンス療法後のエリブリン投与による術後療法のフィージビリティ試験
ポスター発表: 6月2日(月)08:00-11:45
- エリブリン(ハラヴェン(R)) 抄録番号: 10567:
日本人進行軟部肉腫患者を対象としたエリブリンの第II相試験
ポスター発表: 6月2日(月)08:00-11:45
- エリブリン(ハラヴェン(R)) 抄録番号: 2595:
腎機能が正常又は腎機能障害を持つがん患者におけるエリブリンの体内動態
ポスター発表: 6月1日(日)08:00-11:45

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。(PDF版)
http://www.eisai.co.jp/news/news201424pdf.pdf

エーザイ株式会社

エーザイ株式会社は、研究開発型のヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業で、グローバルに研究・製品の開発・販売活動を行っている。エーザイは、神経・精神領域を含むインテグレーティブ・ニューロサイエンス、がん治療と支持療法を含むインテグレーティブ・オンコロジー、血管・免疫反応領域の3つの治療領域に活動を集中し、世界各地にある研究、生産、販売拠点を通じて、世界の患者様に貢献している。エーザイ株式会社の詳細情報は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Source: エーザイ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング