シャープ、監視カメラ向け1/3型200万画素CCDを開発・発売

JCN Newswire / 2014年5月21日 16時58分

業界最高可視光感度590mVを実現、近赤外光下での撮影にも対応

Osaka, May 21, 2014 - (JCN Newswire) - シャープは、業界最高※1の可視光感度590mV※2を実現し、近赤外光下での撮影※3にも対応した監視カメラ向け1/3型200万画素CCD「RJ33N3AA0LT/RJ33N3AD0LT」を開発、発売します。

監視カメラは、防災・防犯の監視・記録用や交通監視用、工場の製造ラインなどの産業用として普及が進んでいます。近年では、ネットワークに対応したカメラの需要が高まっており、昼夜を問わずに鮮明な映像を遠隔地から確認するために、高解像度で高感度なイメージセンサが求められています。

本CCDは、光を電気信号に変換する領域を拡大することにより、業界最高の可視光感度を実現。可視光より波長の長い近赤外光下での撮影にも対応し、明るいシーンから肉眼ではとらえられない暗闇のシーンまで鮮明に撮影できます。また、フルハイビジョン画像を1秒間に50枚※4出力することで滑らかな映像を実現し、高性能なネットワークカメラにも活用いただけます。

当社は、40万~200万画素クラスの昼夜兼用カメラ向けCCDを幅広くラインアップし、多様なユーザーニーズに対応します。本CCDをはじめ、監視・車載・医療向けイメージセンサ関連デバイス(CCD/CMOS/DSP)を“iSHartina(TM)”※5 (アイ・シャルティナ)の愛称で、広く展開しています。

■ 主な特長

1.業界最高の可視光感度590mVと近赤外光下での撮影を実現、明るいシーンから肉眼ではとらえられない暗闇のシーンまで鮮明な撮影が可能
2.フルハイビジョン画像を1秒間に50枚出力でき、滑らかな映像を実現

品名: 監視カメラ向け 1/3型200万画素CCD
タイプ: プログレッシブタイプ※6
形名:
RJ33N3AAOLT(1ch出力)
RJ33N3ADOLT(2ch出力)
サンプル価格(税込み): 4,000円
サンプル出荷: 2014年5月22日
量産開始: 2014年6月10日
月産個数: 計 20,000個

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/140521-a.html

※1 2014年5月21日現在。1/3型200万画素イメージセンサにおいて。シャープ調べ。
※2 照度2,500 lux、反射率90%の反射板をF5.6の光学系を用いて蓄積時間1/30秒で撮影した時のG信号の平均出力。
※3 目に見えない赤外線を照射した照度0 luxの環境において。
※4 2ch出力に対応したRJ33N3AD0LTにおいて(RJ33N3AA0LTは1秒間に25枚出力)。
※5 iSHartina(TM)は、シャープ株式会社の商標。
※6 映像をディスプレイに出力する走査方式の一つ。全ての走査線を一度に処理するため、動きの速い被写体を撮影した場合でもブレの発生が抑制される。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング