日立、ガンコな泥汚れもきれいに洗い上げる「ナイアガラ ビート洗浄」を搭載したタテ型洗濯乾燥機を発売

JCN Newswire / 2014年5月21日 17時0分

清掃性の高い「ガラストップデザイン」やふたの開閉がラクな「アシスト機構」により、使い勝手を向上

Tokyo, May 21, 2014 - (JCN Newswire) - 日立アプライアンス株式会社(取締役社長:二宮 隆典)は、水をたっぷり循環させて、ガンコな泥汚れもきれいに洗い上げる「ナイアガラ ビート洗浄」を搭載したタテ型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」BW-D10XTV(洗濯容量10kg、乾燥容量6kg)を6月21日から発売します。

本製品では、シャワーの最大流量を従来の約2倍*1の毎分約45Lとし、水をたっぷり循環させる「ナイアガラ循環シャワー」と、衣類を効果的に動かす新形状とした洗濯羽根「ビートウィングX(エックス)」を採用しました。これらを組み合わせた「ナイアガラ ビート洗浄」により、高濃度の洗剤液を衣類にたっぷり浸透させ、泥汚れなども、きわだつ白さに洗い上げます。さらに、洗浄力を向上するだけでなく、「節水循環ポンプ」の継続搭載により節水性も両立しています。

また、汚れがふき取りやすい強化ガラス製の一枚ふたの「ガラストップデザイン」やふたの開閉がラクな「アシスト機構」を新たに採用し、使い勝手を向上させました。

さらに、洗濯槽の裏側など見えない部分に付着した汚れを、洗濯のたびにきれいな水で洗い流すことで槽を除菌*2し、黒カビを抑える*3「自動おそうじ」機能や、汚れにくい「内面フラットホース」を継続採用しています。

本製品に加え、「ビートウォッシュ」シリーズの洗濯乾燥機として、本体幅57cmのスリムタイプながら洗濯容量10kg、乾燥容量5.5kgで、「ナイアガラ ビート洗浄*4」「自動おそうじ」などを搭載したBW-D10TVを新たにラインアップするなど計4機種を同時発売します。また同シリーズの全自動洗濯機として、洗濯容量10kgのBW-10TVなど計4機種も同時発売します。

新製品の特長<タテ型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」BW-D10XTV>

1. 水をたっぷり循環させて、ガンコな泥汚れもきれいに洗い上げる「ナイアガラ ビート洗浄」【New】
2. 清掃性の高い「ガラストップデザイン」やふた開閉「アシスト機構」により、使い勝手を向上【New】
3. 洗濯のたびに洗濯槽を除菌、黒カビを抑える「自動おそうじ」機能を採用

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/05/0521.html

*1 当社従来製品(2013年モデル)BW-D10SV(シャワーの最大流量は毎分約22L)。
*2 試験依頼先:一般財団法人 北里環境科学センター。詳細はP.6の(*5)
*3 試験依頼先:一般財団法人 北里環境科学センター。詳細はP.6の(*6)
*4 BW-D10XTV以外の新製品は、「節水循環ポンプ」を搭載していない「ナイアガラ ビート洗浄」の採用となります。

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Contact:

お客様相談センター
電話 0120-3121-11(フリーコール)
受付時間 9:00~17:30(月~土)、9:00~17:00(日・祝日)【年末年始を除く】


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング