ソニー、平成26年度全国発明表彰において新規植物由来多孔質炭素材料の発明により「21世紀発明奨励賞」「21世紀発明貢献賞」を受賞

JCN Newswire / 2014年5月29日 16時39分

余剰バイオマス利用で、循環型社会の実現や産業と市場の創出へ貢献

Tokyo, May 29, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、公益社団法人発明協会主催の平成26年度全国発明表彰において、新規植物由来多孔質炭素材料の発明により「21世紀発明奨励賞*」および「21世紀発明貢献賞*」を受賞しました。

今回受賞した新規植物由来多孔質炭素材料Triporous(TM)(トリポーラス(TM))の発明は、ケイ素化合物を含む籾殻など余剰バイオマス(再生可能な生物由来の有機性資源)を原料とした、従来の活性炭とは異なる微細構造と吸着特性を示す多孔質炭素材料とその製造方法の考案と、水や空気の環境浄化および化粧品や薬剤への応用が可能なアプリケーションに関するものです。

Triporousには、従来の活性炭で確認されるマイクロ孔(2nm以下)に加え、ケイ素化合物除去と細胞壁構造に由来するメソ孔(2~50nm)とマクロ孔(約1um)が複合して多く存在します。水質汚染の原因となるフミン質やアオコ毒など分子量の大きな有機分子や、アレルゲン、酵素などの小さなタンパク質といった、従来の活性炭では吸着しづらかった物質の吸着が容易なことに加えて、有機塩化物や農薬などの低分子化合物の高速吸着が可能な特性を有しています。

現在、日本国内だけで年間200万トン以上排出されている籾殻に、大きな付加価値を加えられる本発明の技術は、余剰バイオマス利用による環境に配慮した循環型社会への貢献に加え、新たな産業と市場をグローバルに創造できる可能性を有しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201405/14-056/

* 全国発明表彰について

全国発明表彰は、大正8年、日本の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に始まり、以来、日本を代表する幾多の研究者・科学者の功績を顕彰しているものです。
全国発明表彰は、皇室からの御下賜金を拝受し、多大の功績をあげた発明・創作(第一表彰区分)、あるいは、その優秀性から今後大きな功績をあげることが期待される発明(第二表彰区分)を表彰するものです。
「21世紀発明奨励賞」および「21世紀発明貢献賞」は、第二表彰区分に属し、「21世紀発明奨励賞」は発明者とそのグループに、「21世紀発明貢献賞」は権利者が所属する企業の代表者に贈呈されます。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング