日立とヤンマーエネルギーシステム、中小規模向け分散型エネルギーシステム事業で協業

JCN Newswire / 2014年6月2日 17時42分

システムパッケージを販売開始、節電、CO2削減、BCP対応に貢献

Tokyo, June 2, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)とヤンマーエネルギーシステム株式会社(代表取締役社長:玉田 稔/以下、ヤンマーエネルギーシステム)は、このたび、中小規模の工場や公共施設、商業施設などに適用可能な分散型エネルギーシステム事業で協業し、両社の技術を組み合わせたシステムパッケージの販売を本日より開始します。

本システムパッケージは、ヤンマーエネルギーシステムの「マイクロコージェネレーション」と、日立が新たに開発した連携制御装置「マイクログリッドコントロールシステム」を組み合わせており、中小規模の発電システムとして工場や病院などの公共施設、商業施設などへの導入が可能です。これにより、エネルギーの制御や、発電システムの効率運転を行うことで、ピークカット・ピークシフトによる電気料金低減とCO2削減を図るほか、停電時や電力不足時の自立運転によりBCP対応としても活用が可能です。

東日本大震災以降、より一層の節電や停電対策が求められるとともに、2014年4月に施行された改正省エネ法では、事業者が自家発電や蓄電池といった分散電源の活用によるピーク電力使用量低減の取り組みがプラスに評価されるよう規定されています。これらを背景に、工場、公共施設、商業施設などでは、ガスエンジン発電や太陽光・風力発電、蓄電池などを用いた分散型エネルギーシステムを導入する動きが拡大しています。分散型エネルギーシステムの構築には、発電システムや施設内設備、制御装置など、さまざまな機器の導入が必要となりますが、その導入に当たっては、より利便性の高いパッケージでのシステム提案・構築が求められてきました。

そこで今回、日立とヤンマーエネルギーシステムが協業することで、制御装置を含めた分散型エネルギーシステムの基本構成を、一度に提案することが可能となりました。

ヤンマーエネルギーシステムは、1998年から、ガスエンジン発電により発生した熱エネルギーを、給湯や冷暖房に有効利用してエネルギーロスを軽減する「マイクロコージェネレーション」を販売しています。このコージェネレーションシステムには、ガスヒートポンプエアコン技術の活用による高効率エンジンの搭載、パッケージ構造による現地施工の簡素化、10,000時間のロングメンテインターバルという特長があります。これまで主に医療・福祉施設、工場施設、飲食店向けなどをはじめ様々な業種に累計約6,800基という豊富な納入実績があり、国内での小型ガスエンジン市場において高いシェアを有しています。

一方、日立は、これまで数十年にわたり、太陽光や風力発電、蓄電池など各種電源システムの提供や社内外における様々なスマートグリッド実証に携わり、分散型エネルギーシステム全体を制御するグリッドコントロールシステムの技術開発を行ってきました。こうした長年の実績・ノウハウをもとに、このたび、分散型エネルギーシステム全体を安定的かつ効率的に制御する「マイクログリッドコントロールシステム」を新たに開発しました。

今回、日立の「マイクログリッドコントロールシステム」が、高い競争力を有するヤンマーエネルギーシステム製の「マイクロコージェネレーション」と、太陽光発電や蓄電池などから構成される分散型電源などへの適用が可能となったことで、お客様にとって利便性の高い、分散型エネルギーシステムのパッケージ提供を実現できました。日立とヤンマーエネルギーシステムが、本日から販売を開始する本システムパッケージの導入により、分散型電源の活用によるピークカット・ピークシフトを実現し、契約電力量を抑えることで電気料金低減とCO2の削減に貢献します。また、マイクロコージェネレーションの排熱の有効利用による省エネルギーが図れるほか、停電時や電力不足時でも自立運転への自動切り換え機能により発電と熱供給が可能となり、BCP対応としても活用することができます。

日立とヤンマーエネルギーシステムは、今後急成長が期待される分散型エネルギーシステム市場に向けて両社の強みを生かして協業し、本システムパッケージを積極的に拡販していきます。

「FOOMA JAPAN 2014 国際食品工業展」での紹介について

日立は、2014年6月10日(火)~13日(金)に東京ビッグサイトで開催される「FOOMA JAPAN 2014国際食品工業展」において、今回発表した中小規模向け分散型エネルギーシステムを紹介します。

FOOMA JAPAN 2014 (国際食品工業展) 出展のご案内 ホームページ
http://www.hitachi.co.jp/products/food/semi/fooma_japan_2014.html

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/06/0602.html

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Contact:

株式会社日立製作所 インフラシステム社
産業プラント・ソリューション事業部 産業ソリューション本部
産業システムエンジニアリング部 [担当:大須賀]
電話: 03-5928-8255(直通)

ヤンマーエネルギーシステム株式会社
エンジニアリング部 ソリューショングループ [担当:林]
電話: 06-6453-6331(直通) 


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング