パナソニック、機器組み込み用途の高速伝送用双方向「光アクティブコネクタ」を製品化

JCN Newswire / 2014年6月23日 16時42分

Osaka, June 23, 2014 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、機器組み込み用途に適した大容量かつ高速データを双方向で光伝送できる「光アクティブコネクタ[1]」を業界で初めて(※1)製品化しました。2014年7月1日から受注を開始します。

近年、計測機器や医療機器、FA機器、業務用印刷機器などの高性能化により、高精細な画像などを高速にデータ処理するため、機器内の基板ユニットやモジュール間のより高速なデータ伝送が求められています。光データ伝送は、基板間やモジュール間で電気的な絶縁ができるため、人体に接触するような医療機器や、計測機器などでその効果を発揮します。またノイズを伴う過酷な環境下で、高速な信号処理が求められるFA機器などにおいても有用なデータ伝送手段となります。当社は、機器内のデータ伝送を、光ファイバにて伝送する「光アクティブコネクタ」を製品化しました。小型プラグ部に電気・光変換機能を内蔵することで、通常の電気コネクタと同様に接続できるため、高い接続信頼性と作業性を維持しています。

【特長】

1. 光ファイバによるデータ伝送により、高速かつ広帯域伝送が可能
広帯域伝送速度に対応: 20Mbps~6Gbps 最大ケーブル長: 5m
2. 小型プラグ部に電気・光変換機能を内蔵することにより、通常の電気コネクタと同様に接続可能
3. 高速信号のノイズ対策や電気絶縁が容易
計測機器の高速サンプリング化や医療機器での電気絶縁ニーズに容易に対応可能

- 製品名: 光アクティブコネクタ
- 品番:
プラグ: AYG4V1A065M1(1mケーブルタイプ)
レセプタクル: AXK6S20447M1
- 伝送仕様: 20Mbps~6Gbps、双方向、1チャンネル
- 受注開始: 2014年7月1日
- サンプル価格:
プラグ: 8,000円(1mケーブルタイプ)
レセプタクル: 250円/個

【用途】

計測機器や医療機器、FA機器、業務用印刷機器などの機器内ユニットやモジュール、基板間の信号接続 例)カメラユニットと画像処理基板間など

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

(※1): 機器組み込み用 双方向光アクティブコネクタとして。2014年6月23日現在、当社調べ。

【用語説明】
[1] 光アクティブコネクタ光ファイバ両端のプラグ部に電気・光変換機能を搭載した光ファイバ一体型デバイスのこと。接続は電気コネクタで行う。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング