三菱商事、豪州でアジア向け穀物調達力を強化

JCN Newswire / 2014年6月24日 16時19分

豪州穀物会社Olam Grains Australia Pty Ltdへの出資、子会社化

Tokyo, June 24, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、当社)は、増大するアジアの需要に対応したグローバルベースの供給ソースを拡充する為、在シンガポール農産物商社Olam International Limited (以下、OLAM社)が保有する豪州の穀物事業会社Olam Grains Australia Pty Ltd社(以下、OGA社)の株式80%を融資金等含め約64億円で取得することに合意しましたので、お知らせ致します。

OGA社は、東豪州ニューキャッスル港の輸出施設New Castle Agri Terminal(以下、輸出ターミナル)の株式32.5%を保有し、年間100万トン超の穀物を取扱っています。OGA社の株式取得後、当社として初めて豪州で運営する輸出ターミナルを有効活用し、穀物の集荷機能を一層強化していきます。また、当社100%子会社の在豪州配合飼料製造・穀物集荷会社Riverina社とのシナジーを高め、競争力ある豪州産穀物の安定供給体制を構築して参ります。

豪州は、穀物の中でも、パン、麺類、菓子などの原料となる小麦の一大生産国であり、東南アジア向けでは最大の輸出国です。東南アジアでは人口増加と経済発展による食生活の西洋化に伴い、小麦需要が増加しており、地理的優位性のある豪州産小麦の重要性は益々高まる見通しです。

東南アジアを中心に新興国では、中間所得層の急速な拡大を背景に生活必需品の需要が増大しています。当社はこのニーズを商機と捉え、国内外の有力企業と共に、インドネシアをはじめとする新興国で生活必需品のサプライチェーン構築に取り組んでいます。本件はその上流分野に位置するもので、グローバルベースでの食糧資源供給ソースを拡大し、骨太のサプライチェーンを構築することで、競争力のある安全・安心な食糧をお届けして参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2014/html/0000025030.html

三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。



Source: 三菱商事株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング