三菱自、クライスラー・メキシコ社にコンパクトセダンを5年間供給の契約締結

JCN Newswire / 2014年7月1日 17時15分

Tokyo, July 1, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車(以下MMC、所在地:東京都港区 会長兼CEO:益子 修)とクライスラー・メキシコ社(Chrysler de Mexico 以下CdM、所在地:メキシコシティ CEO:ブルーノ カットーリ)は、MMCのグローバル・コンパクトセダン(三菱自動車名『ATTRAGE(アトラージュ)』)をベースとしたCdM向け車両を、2014年11月より5年間供給する契約を締結したと発表しました。
この車両は、2013年メキシコ自動車市場の23%を占める最大カテゴリーの一つであるBセグメント市場(2013年度25万台以上販売)に投入されます。

三菱自動車工業(株) 取締役会長兼CEO 益子 修は、
「今回の契約により、私どもとクライスラー・メキシコ社との今までの良好な関係を、一層強固にするとともに、私どものグローバル・コンパクトセダンが、メキシコ市場においても、アジア・アセアン市場と同様に受入れられ、販売台数を伸ばしてくれる事を期待しています。」と述べました。

クライスラー・メキシコ社 CEO ブルーノ カットーリは、
「私どもは2003年からメキシコ市場で三菱車の取り扱いを開始し、成功を収めて来ました。その協業を通して三菱自動車との関係を築いて来ましたが、この新しい契約は、これまでの関係をより強固にするものと考えています。」と述べました。
また、「この新しいコンパクトセダンの導入により、クライスラー・メキシコ社は、お客様のニーズを満たす競争力のある商品を、ラインアップに加える事が出来ると思います。」と付け加えました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング