三菱商事:ミャンマーでタイヤ事業に参入

JCN Newswire / 2014年7月8日 16時43分

Tokyo, July 8, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、当社)は、ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)において、Serge Pun & Associates (Myanmar) Limited .(以下、SPAグループ)と、株式会社ブリヂストン(以下、ブリヂストン)およびそのグループ会社が製造するタイヤの販売・マーケティング支援を目的とする合弁会社(以下、新会社)設立に向けた株主間協定書を締結いたしました。新会社の株主構成は、三菱商事70%、SPAグループ傘下のMyanmar Motors Pte. Ltd. 30%となります。

当社は、ミャンマーにて金融、不動産、自動車関連事業等を幅広く展開するSPAグループと2013年10月に包括提携し、自動車のサービスショップやエレベーター関連事業等、ミャンマーの生活インフラ向上に関連する事業を推進して参りました。今後、同国の自動車市場の成長に伴いタイヤの需要拡大が見込まれることから、タイヤ販売関連事業への参入を決めたものです。

世界のタイヤ市場でトップレベルのシェアを持つブリヂストンと、当社は東南アジア地域においてタイ、ベトナム、マレーシアでタイヤの製造や販売の合弁事業を行っています。ミャンマーでは、当社がこれまで培ったノウハウを新会社に提供し、SPAグループのタイヤ販売会社の販売・マーケティングを支援すると共に、現地ニーズにマッチするブリヂストングループの高品質な乗用車用タイヤ及びトラック・バス用タイヤの拡販を目指します。

当社は、「経営戦略2015 ~2020年を見据えて~」において、消費市場として存在感を増すアジアを基軸とするグローバル展開の加速化等を打ち出しています。当社はアジアを中心とする新興国経済の発展に伴う消費財等の需要拡大を商機として捉え、国内外の有力企業と共に、新興国市場の消費者のニーズに対応して参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2014/html/0000025161.html

三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。



Source: 三菱商事株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング