中国電信、Institutional Investor誌のアジアのベストエグゼクティブで第1位に

JCN Newswire / 2014年7月15日 12時22分

Lenovo、AIA、Tata Consultancyもアナリストやマネーマネージャーから高い評価を受ける

NEW YORK, NY, July 15, 2014 - (JCN Newswire) - 中国電信が、2014年全アジア・エグゼクティブチームで第1位となりました。このランキングは、Institutional Investor誌が、投資専門家の目を通してアジアの企業リーダーの年間ランキングをまとめたもので、今年で第4回になります。

アンケート結果全文は、 www.institutionalinvestor.com/rankings をご覧ください。

中国電信は北京に本拠を置く電気通信サービスプロバイダで、選考対象に含まれる8カテゴリすべてで第1位となり、電気通信セクターのランキング対象役職全10種のうち、いくつかで第2位も獲得しました。

その他に、所属セクターの全カテゴリで第1位を獲得した企業はLenovo Groupのみです(技術/ハードウェア)。同社はコンピュータおよびタブレットメーカーで、同じく北京に本社があり、全体では第2位となりました。

香港に本拠を置く保険会社のAIA Groupは第3位で、次点はSemiconductor Manufacturing Co.でした。トップ5の最後の企業は、インドのタタコンサルタンシーサービシズでした。

Institutional Investorは、アジア全域の証券会社や金融機関のバイサイドアナリスト、マネーマネージャーおよびセルサイドリサーチャーに質問を行い、カバレッジユニバースの企業最優秀最高経営責任者、最高財務責任者、および投資家向け広報専門家の名前を挙げました。これらの回答者は今年の全アジア・リサーチチーム・アンケートにも投票を行い、また投票で選ばれる対象にもなりました。

回答者にはまた、上級管理職と連絡が取れるか、財務の透明性や開示度はどうかなど、IR属性8件について優秀な企業を最大4社挙げてもらいました。

2014年全アジア・エグゼクティブチーム・アンケートの結果は、合計で約1.04兆米ドルのアジア(日本以外)の株式を管理している520社弱のバイサイドアナリストとマネーマネージャー860人以上、および仲買業者94社の659人のアナリストの意見を反映しています。

詳しくは、Michele Luthin ( michele.luthin@institutionalinvestor.com または+1-212-224-3360)にお問い合わせください。

Institutional Investorについて

今年50周年を迎えるInstitutional Investor誌は、世界で最も最先端の金融出版物のなかでも、世界中の読者に欠かせない情報を画期的な記事と鋭い筆致でお届けしていることで有名であると、常に自負し続けてきました。さらに、Institutional Investor誌では、信頼のおける業界ベンチマークとなるような多くの独自調査やランキングをお届けしています。詳しい情報は、 www.institutionalinvestor.com をご覧ください。

お問合せ情報
お問い合わせ先:
Michele Luthin
michele.luthin@institutionalinvestor.com
+1-212-224-3360

Institutional Investor





Source: Institutional Investor

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング