三菱商事、豪州で軽油輸入販売事業に参入

JCN Newswire / 2014年7月22日 16時8分

Tokyo, July 22, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱商事(以下、当社)は、今後軽油の需要増加が見込まれる豪州において、軽油の輸入ターミナル(以下、ターミナル)を建設・保有し、ターミナルの操業パートナーとして豪・Coogee Chemicals社を招聘の上、軽油輸入販売事業に参入することを決定いたしました。

当社の豪州石油事業会社であるPetro Diamond Australia社(当社100%子会社、2012年1月設立、以下、PDA)は、2013年1月に南豪州Port Bonythonで石油製品輸入ターミナル建設許認可を保有するPort Bonython Fuels社(以下、PBF)の全株式を取得しました。PBFは、操業パートナーとして現地における知見や建設・操業の実績を有するCoogee Chemicals社を招聘の上、速やかにターミナル建設を開始し、2016年には豪州国内向けに軽油の販売を開始致します。

豪州では、輸送用をはじめ、鉱山事業の発展に伴う大型運搬機・重機等向けの燃料需要(特に軽油)の増加が見込まれています。30年以上にわたる取引実績を有する当社の軽油調達力を駆使し、価格競争力のある高品質な軽油を供給することで、軽油の安定供給と同国鉱山事業の燃料コスト低減に貢献して参ります。また、南豪州北西部の軽油需要地に近いという立地メリットのある場所でターミナル保有、輸入・販売事業を開始することを通じて、顧客のニーズに応じたサービスを提供し、当社の軽油トレーディング機能の強化を図って参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2014/html/0000025258.html

三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。



Source: 三菱商事株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング