ソニー、XAVC記録に対応した小型・軽量のXDCAMメモリーカムコーダーを発売

JCN Newswire / 2014年7月29日 16時58分

4K記録にも対応予定

Tokyo, July 29, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、高感度な1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor R(総画素数約2000万画素)を搭載し、XAVC記録に対応した、XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-X70」を発売します。

本機は、片手におさまる本体サイズ(幅130.3mm×高さ180.9mm×奥行287mm)でわずか1.4キログラムという、XDCAMシリーズで最も小型軽量化を実現しており、記者単独取材の撮影やドキュメンタリーのサブカメラ用途など、機動力が求められる幅広い現場に向けて提案します。

また、本体のファームウェアアップデートで4K記録にも対応※し、4K映像制作市場の裾野を広げるモデルです。

型名: XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-X70」
発売日: 2014年9月19日
メーカー希望小売価格: 280,000円+税

本機は高感度な1.0型CMOSイメージセンサーを搭載しており、低照度な撮影環境でも、高精細・高画質な撮影が可能です。

また、アプリケーションに応じて選択できるマルチフォーマットを実現しており、高精細な階調表現で高画質記録ができるXAVC Long GOP 422(10bit)記録から、AVCHDやDVまで幅広くカバーしています。

さらに、光学12倍ズームレンズを搭載しており、全画素超解像ズーム機能を用いて24倍に、2000万画素の高解像度センサーを生かしたソニー独自の高品位なデジタルエクステンダーにより最大48倍ズームまで実現しています。これにより、プロフェショナルの現場で求められる広角から望遠まで幅広いシーンでの撮影に対応します。

プロフェッショナルが求める各種機能として、HDMIに加え3G-SDIでスイッチャーなど各種放送機器との接続ができ、内蔵マイクに加えて、業務用マイクを使用するための取り外し可能なXLRハンドルユニット等も搭載しています。また、ワイヤレス機能により、スマートフォンからのモニタリングやリモコン操作ができ、カメラに手の届かないクレーン撮影や据え置き撮影時に便利です。本体ファームウェアアップデートにより、ストリーミングやファイル転送にも対応予定です。

ソニーは、業務用ならではの高画質撮影と様々な制作現場での使い勝手を向上させたハンディタイプのXDCAMメモリーカムコーダーの商品を拡充し、幅広い映像制作の用途に向けて提案していきます。

「PXW-X70」の主な特長

1. 1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを採用
高感度な1.0型 総画素数約2000万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載し、低照度な撮影現場においても低ノイズかつ高画質な撮影が可能です。
本機のイメージセンサーは4Kに対応しており、総画素数は2000万画素と4K解像度を十分にカバーしているため、本体のファームウェアアップデートにより将来的には4K撮影・記録も可能となります。※
※: 2015年上期を予定。(有償)

2. 光学12倍レンズを搭載、最大48倍ズームが可能
本機は、画面周辺部においても高精細な描写を実現するために開発したレンズZEISS バリオ・ゾナーT*を採用しています。広角29.0mm・光学12倍ズームレンズを搭載しており、全画素超解像ズーム機能を用いて24倍に、さらに2000万画素の高解像度センサーを生かした高品位なデジタルエクステンダーにより最大48倍ズームを実現します。これにより、プロの現場で求められる広角から望遠まで幅広いシーンでの撮影に対応します。

3. XAVC Long GOP 422(10bit)フォーマットを始めとしたマルチフォーマット対応
アプリケーションに応じて必要なフォーマットの使い分けが可能なマルチフォーマットに対応しています。
XAVC Long GOP 422フォーマットから、AVCHD、DVまで幅広くカバーしています。
さらに、本体のファームウェアアップデートにより、Proxy(プロキシ)記録にも将来的に対応する予定です。

4. ワイヤレス機能に対応し、録画中のモニタリング、リモートコントロールが可能
Wi-Fiモジュールを内蔵すると共に、NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)に対応しています。ワンタッチで簡単にスマートフォンやタブレットとワイヤレスLAN接続ができ、モバイルアプリケーションContent Browser Mobile(TM)で、「撮影前のアングル確認」「録画中のモニタリング」「カメラのリモコン操作(録画スタート・ストップ/タッチフォーカス/ズームアイリス調整など)」ができます。これにより、高所での設置カメラなど、手が届かない場所での撮影も可能とします。また、ファームウェアアップデートにより、将来的にはストリーミングやファイル転送にも対応します。

5. 業務用に欠かせない様々な機能を搭載
業務用カムコーダーならではの機能をコンパクトな筐体に搭載しています。

- HDMIに加え3G-SDIに対応
コンスーマー機器との接続親和性の高いHDMI端子に加え、3D-SDIの搭載により、HD1080 60pまでの映像信号の伝送がBNCケーブル一本で長距離の接続が可能です。これにより、プロフェッショナルモニターによる高品位な映像確認や、スイッチャーなど各種放送機器との接続を実現します。
- 信頼性と高音質を実現するXLRオーディオ端子を搭載
内蔵マイクに加えて、業務用マイクを使用するための取り外し可能なXLRハンドルユニットを付属しています。 入力レベル、アッテネーター(0/10/20dB)、ローカットフィルター等が設定でき、コンデンサーマイクにファンタム電源供給も可能です。
- デュアルメモリーカードスロット搭載し、バックアップ記録や長時間記録にも対応
2つのSDメモリーカードスロットを搭載しています。2つのメモリーカードスロットで、同時記録が可能で(同一記録モードのみ)、2つのRecボタンに対応するメモリーカードスロットを個別に割り振る設定も可能なため、片方のメモリーでは任意に撮影しつつ、もう一方では録画を継続し、バックアップとして機能します。また、AスロットのメディアからBスロットのメディアへ連続記録ができるリレー録画機能にも対応しています(逆も可)。
- ピクチャープロファイル機能を搭載
映像の特性を決めるガンマカーブ、ブラックレベル、発色などのパラメーターを調整することができ、マルチカメラ運用時の補正や映像作品全体のトーンの作り込みが可能です。設定したパラメーターは他の設定項目と共に、カメラプロファイルとしてメモリーカードに記録できます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201407/14-071/

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング