トヨタ、LEXUSのコンパクトクロスオーバーSUV「NX」を発売

JCN Newswire / 2014年7月29日 17時8分

LEXUS初の新開発ターボエンジン搭載モデル登場

Toyota City, July 29, 2014 - (JCN Newswire) - LEXUSは、LEXUS初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」を開発し、全国のレクサス店を通じて7月29日に発売した。

NXは、「Premium Urban Sports Gear*1」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備えている。LEXUS初の新開発ターボエンジンを搭載したNX200tと、ハイブリッドシステム搭載のNX300hをラインアップし、アクティブな走りと優れた環境性能を両立した。

なお、新型NXの価格は4,280,000円~5,820,000円(消費税込み)*2となる。月販台数は700台を予定。

「スポーツギア」を感じさせるデザイン
エクステリアは、一目でLEXUSとわかるスピンドルグリルを起点に、人が乗るキャビンの前後を大胆に絞り込んだ菱形のボディと力強く張り出したホイールフレアを融合させ、タイヤの存在を強調。SUVとしての力強さを表現している。インテリアは、「Premium Urban Sports Gear」を感じさせる構造美と素材感を、センタークラスターのフレームなど金属質感のダイナミックな骨格と革調素材の構成で具現化した。

力強さと爽快さを両立した走り
NXは、新世代LEXUSが培ってきたエモーショナルな走りを継承するべく、SUVらしい力強さと爽快なスポーツドライビングの両方を追求。LEXUS初の新開発2.0Lターボエンジンでは、ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iW*3を組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現するD-4ST*4を採用することで、低回転域から強大なトルクを発生させ、滑らかで爽快な加速フィーリングを生み出している。さらに、ターボエンジンに合わせて6速オートマチックトランスミッションを新開発。マニュアル感覚のシフトチェンジを可能にするシーケンシャルシフトマチックやパドルシフト、コーナリングでの変速制御を最適化するG AI-SHIFT制御を採用した。
また、LEXUSスポーツの走りを継承するスポーティバージョン“F SPORT”は、NAVI・AI-AVS*5やパフォーマンスダンパーを標準装備し、乗り心地や操縦安定性を向上。さらに、足回りに専用のチューニングを施している。

アクティブな走りをサポートする先進装備と高い利便性
ハイブリッドユニットは、熱効率を追求した2.5Lアトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーターを内蔵したハイブリッドトランスミッションを組み合わせ、クラス*6トップレベルの低燃費(JC08モード走行燃費21.0km/L*7)を実現した。
全車速追従機能付レーダークルーズコントロールでは、アイドリングストップとの連携機能をLEXUS初採用。レーダークルーズコントロール作動時に停車した場合、前車の発進を感知してエンジンが自動で再始動し、ドライバーによる発進操作をサポートするなど、利便性と環境性能を両立。
安全面においては、LEXUS初導入の左右確認サポート付パノラミックビューモニターや夜間にコーナーの先を広く照らすLEDコーナリングランプなどが、ドライバーの安全運転をサポートする。
その他、タッチパッドを用いた新型リモートタッチ、LEXUS初のワイヤレス充電「おくだけ充電*8」、および運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影するカラーヘッドアップディスプレイなどの利便性を高める機能を備えている。

【販売概要】
1 販売店: 全国のレクサス店
2 店頭発表会: 8月30日(土)~9月7日(日)

【生産工場】
トヨタ自動車九州(株)宮田工場

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/3658306

*1 Gearは装備・装具という意味。この場合、格好いい道具という意味合いを含ませている
*2 メーカー希望小売価格。北海道のみ価格が異なり、リサイクル料金は含まれない
*3 Dual VVT-iW: Dual Variable Valve Timing-intelligent Wide
*4 D-4ST: Direct-injection 4 stroke gasoline engine Superior version with Turbo
*5 AVS: Adaptive Variable Suspension system
*6 プレミアムコンパクトSUVでの比較。トヨタ自動車(株)調べ
*7 国土交通省審査値。標準仕様(2WD車)と“I package”(2WD車)の場合。ただし、メーカーオプション装着により車両重量が1,770kg以上になる場合を除く
*8 (株)NTTドコモの登録商標

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング