空中公園ハイラインに面したマンハッタン西29丁目515の新しい高級コンドミニアムの完成予想図を発表

JCN Newswire / 2014年8月6日 13時37分

SCDA Architect所属の国際的に有名な建築家、Soo K. Chanが代表建築家に

NEW YORK, NY, Aug 6, 2014 - (JCN Newswire) - The Bauhouse Groupは、マンハッタンの西29丁目515にある人気の都市開発エリア、515ハイラインの完成予想図を発表しました。Bauhouseは、シンガポールの建築家で、数々の賞に輝く建築事務所のSCDA Architectsの設立者のSoo K. Chanを代表建築家に採用しました。この高級コンドミニアムは、29丁目でハイランド公園が90度曲がるカーブの中心部にあり、ハイラインを2方向から眺めることのできる唯一の施設です。

「西29丁目515というユニークな立地を考慮し、世界のモダンアートの中心地となっているこの新住宅開発区に見合ったグローバルな経験、ビジョンおよび洗練さのある設計者を探しました。」と、Bauhouse経営陣のひとり、Joseph Beninatiは述べました。「Soo Chanの素晴らしいロフトスタイルのインテリアは、この建物の魅力やモダンさを一層引き立てています。エクステリアには、29丁目でカーブしているハイラインから発想を得て、曲がっているように見せかけた鋼鉄とガラス製のファサードが使用されており、屋外を通行する人々も居住者も、他の建物とは一味違うハイラインの楽しみ方ができます。

1.25億米ドルの開発区は、2015年後半に完成予定で、広々とした屋外スペースと、2倍の高さの天井、息を飲むような眺望が特徴の高級集合住宅となります。各住居部分の面積は2,100~4,400平方フィートで、価格帯は500万~2500万米ドルです。この建物には、3つのペントハウスがあり、広大なプライベート屋外スペースと22フィートの高さの天井が特徴です。この住宅開発区の1階部分、建物の基部には、ショッピングやギャラリーを楽しめるスペースがあります。

アジアでも特に有名な建築家のChanは、イェール大学で建築学の修士号を得ました。彼の設計した作品には、個人住宅、公共事業、家具、リゾート、高層住宅などがあり、繊細な設計、モダンな魅力、ハイテクを駆使した基礎部分などで、高く評価されています。SCDA Architectsの手がけた事業は、世界の主な国や都市、30か所以上にわたります。

西29丁目515番地の住宅の販売は、2014年秋から始まる予定です。515ハイラインの高級コンドミニアムの購入について詳しくは、建物仲介業者のCorcoran GroupのNoble Black (+1-212-444-7926または nblack@corcoran.com )にお問い合わせください。

お問い合わせ先:
Elizabeth Latino
Marino Organization
+1-212-889-0808
elizabeth@themarino.org

The Bauhouse Group

URL: http://www.bauhousegroup.com/



Source: The Bauhouse Group

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング