エーザイとゼリア新薬、新規プロトンポンプ阻害剤に関するライセンス契約を締結

JCN Newswire / 2014年8月18日 18時21分

Tokyo, Aug 18, 2014 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下エーザイ)とゼリア新薬工業株式会社(本社:東京都、代表取締役社長兼COO:伊部充弘、以下ゼリア新薬)は、エーザイが創出した新規化合物「E3710」(プロトンポンプ阻害剤:PPI)に関するライセンス契約を締結しましたのでお知らせします。

本契約に基づき、エーザイはゼリア新薬に対してE3710の日本における独占的開発権、共同販促権および非独占的製造権を付与します。また、エーザイはゼリア新薬より契約一時金ならびにロイヤルティを受け取り製造販売承認取得時にエーザイが一定の対価をゼリア新薬に支払います。なお、開発はゼリア新薬が行い、製造販売承認もゼリア新薬が取得しますが、承認取得後は、両社で共同販促を行います。

E3710は、PPI「パリエット(R)」の後継品とするべくエーザイが創出した新規のPPIで、既存のPPIに比べて作用が強力で長時間の持続性が示唆されており、高い酸分泌抑制効果の発揮により治療期間の短縮や既存のPPIでは効果不十分の患者様にも対応できるベスト・イン・クラスのPPIとなることが期待されます。

今回、両社がE3710に関するライセンス契約を締結することで、消化器領域を最重点領域と定めているゼリア新薬の消化器パイプラインの充実とエーザイの化合物の価値最大化をはかることができます。また、承認取得後は、PPI「パリエット」、防御因子増強剤「セルベックス(R)」などを有するエーザイと、潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール(R)」や世界初の機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド(R)」などを有するゼリア新薬が、ともに実績のある消化器領域において共同販促を実施し、酸関連疾患市場における速やかな浸透をめざします。

両社は本提携によりE3710を通じ、酸関連疾患のさらなるメディカル・ニーズの充足と患者様の治療に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。(PDF版)
http://www.eisai.co.jp/news/news201444pdf.pdf

本件に関する報道関係お問い合わせ先
エーザイ株式会社PR部
TEL: 03-3817-5120

ゼリア新薬工業株式会社広報部
TEL: 03-3661-1039

エーザイ株式会社

エーザイ株式会社は、研究開発型のヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業で、グローバルに研究・製品の開発・販売活動を行っている。エーザイは、神経・精神領域を含むインテグレーティブ・ニューロサイエンス、がん治療と支持療法を含むインテグレーティブ・オンコロジー、血管・免疫反応領域の3つの治療領域に活動を集中し、世界各地にある研究、生産、販売拠点を通じて、世界の患者様に貢献している。エーザイ株式会社の詳細情報は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Source: エーザイ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング