日立アプライアンス、LED電球「小形電球形(E17口金)」6機種を発売

JCN Newswire / 2014年8月29日 17時56分

省エネNo.1を広配光タイプの2機種(昼光色50W形相当・電球色40W形相当)で実現

Tokyo, Aug 29, 2014 - (JCN Newswire) - 日立アプライアンス株式会社(取締役社長:二宮 隆典)は、LED電球「小形電球形(E17口金)」の新製品として、省エネNo.1*1を実現した広配光タイプ*2の2機種(昼光色50W形相当・電球色40W形相当)をはじめとした6機種を9月10日より発売します。

新製品6機種は、高効率LEDモジュールや放熱性能の高い新開発のボディ構造の採用により、省エネ性能の向上を図り、全6機種で2017年度省エネ目標基準値*3を達成するとともに、広配光タイプの2機種で業界No.1の省エネ性能を実現しました。具体的には、昼光色50W形相当のLDA5D-G-E17/S/50Cが固有エネルギー消費効率*4115.3lm/Wを、電球色40W形相当のLDA5L-G-E17/S/40Cでも固有エネルギー消費効率100.0lm/Wの省エネ性能を実現しました。

また、今回新たに下方配光タイプ*5で電球色60W形相当の機種(LDA7L-H-E17/S/60C)をラインアップしました。

なお、新製品6機種は、断熱材施工器具・密閉形器具にも対応*6しています。

新製品の主な特長<LED電球「小形電球形(E17口金)」6機種>

1. 省エネNo.1の広配光タイプ2機種など、全6機種で2017年度省エネ目標基準値を達成 【New】
2. 下方配光タイプにおいて、電球色60W形相当をラインアップ(LDA7L-H-E17/S/60C) 【New】
3. 断熱材施工器具・密閉形器具にも対応

需要動向と開発の背景

白熱電球から手軽に交換でき、省エネ性能にも優れたLED電球の国内需要は、2013年度で約2,890万個(前年比102%)となりました(一般社団法人 日本照明工業会調べ)。LED電球の普及率は2013年度末の時点で28%と予測され、今後需要の拡大が見込まれます(当社推定)。

LED電球への置き換えが進む中で、2013年11月、LED電球が「省エネ法」に基づくトップランナー基準の特定エネルギー消費機器に新たに指定され、2017年度を目標年度とする基準値が定められました。そこで当社では、省エネ目標基準値を達成することを目標として開発を進め、「小形電球形(E17口金)」の新製品全6機種において、2017年度省エネ目標基準値を達成しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/08/0829a.html

*1 2014年8月29日発表。国内のLED電球「小形電球形(E17口金)広配光タイプ」(1)昼光色50W形相当において、LDA5D-G-E17/S/50Cが固有エネルギー消費効率115.3lm/Wを実現、(2)電球色40W形相当において、LDA5L-G-E17/S/40Cが固有エネルギー消費効率100.0lm/Wを実現。
*2 JIS C 8158:2012では、口金上方鉛直点灯時における下方光度の2分の1の範囲が180度以上の配光角を「全般配光形」と定義しています。これを当社では「広配光タイプ」と呼んでいます。
*3 「エネルギー使用の合理化に関する法律(以下、省エネ法)」に基づくトップランナー基準値。目標年度は2017年度。LED電球の基準値は固有エネルギー消費効率において、昼光色で110.0lm/W、電球色で98.6lm/W。
*4 全光束を定格消費電力で割った値。
*5 JIS C 8158:2012では、口金上方鉛直点灯時における下方光度の2分の1の範囲が90度以上180度未満の配光角を「準全般配光形」と定義しています。これを当社では「下方配光タイプ」と呼んでいます。
*6 断熱材施工器具や密閉形器具の種類によっては、器具内の温度や周囲温度が高くなると保護回路が働き自動的に電力をおさえるため、明るさが低下する場合があります。



株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Contact:

お客様相談センター
電話 0120-3121-11(フリーコール)
受付時間 9:00~17:30(月~土)、9:00~17:00(日・祝日)【年末年始を除く】


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング