トヨタ、自動運転技術の開発状況について公表

JCN Newswire / 2014年9月5日 17時12分

Toyota City, Sept 5, 2014 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、9月7日(日)から米国ミシガン州で開催される「第21回ITS世界会議デトロイト2014」(以下、ITS世界会議)に先立ち、安全運転支援に向けた自動運転技術に関し、開発の進捗状況を公表した。

トヨタは交通事故死傷者ゼロという究極の目標に向け、クルマの安全性を一層向上させるべく、自動運転技術や「つながる」技術に取り組んでいる。自動運転技術の研究を通じて得た先端要素技術や知見を利用し、次世代の高度運転支援システムをできるだけ早く、幅広いお客様にお届けできるよう、努力を続けている。

今回公表した主な高度運転支援システムと要素技術は以下の通り。

1. 高度運転支援システム

【オートメイテッド・ハイウェイ・ドライビング・アシスト(AHDA)】

トヨタは昨秋、高速道路上での安全運転を支援することを目的にAHDAを開発、公表した。

今回新規に公表し、ITS世界会議でも展示されるAHDAは、昨年のものとは異なり車車間通信技術は搭載していないが、米国の実際の道路環境にあわせて改良されており、時速70マイル(約110キロ)まで対応可能。このAHDAは、主に3つの技術により、高速道路で安全に車線・車間を維持しながら走行できるよう、ドライバーの運転を支援する。

1)ダイナミック・レーダー・クルーズ・コントロール(DRCC)
フロントグリルに搭載された77ギガヘルツのミリ波レーダーで先行車を検知し、一定の車速および先行車との距離を確保する。

2)レーン・トレース・コントロール(LTC)
前方カメラや77ギガヘルツのミリ波レーダーからのデータを用いて白線や前方車両を検知、最適な走行ラインを算出し、自動的にステアリングや加減速を適切に調整。ドライバーが車線内で、走行ラインをより簡単かつ安全に維持できるよう、支援を行う。

3)ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)
高度運転支援システムにおいてもドライバーが常に運転の主役であるべきとの考えのもと、手動運転と自動運転の切り替えがスムーズに行えるよう、専用のHMIを採用。

- プレビューHMIでは、走行中の道路状況および、これまでに蓄積されたセンサーの作動実績データに基づき、高度運転支援システムの利用が制限されうる場面で、ドライバーに事前に警告を発する機能を備える。また、地図データ、GPS、カメラ、レーダー等を活用することで、現在走行している車線を把握し、より正確に警告を発することができる。
- ドライバーモニターやステアリング・タッチ・センサーなどの技術により、ドライバーの顔の向きやドライバーの手がステアリングに触れているかを検知することで、運転への集中度を判断し、必要に応じてドライバーに警告を出す。

なお、今回公表のAHDAに基づいた技術を、2010年代半ばに米国で商品化する予定。

2. 要素技術

【車載用イメージングレーザーレーダー(SPAD LIDAR*1)】

豊田中央研究所と共同開発したSPAD LIDARを新たに公開。SPAD LIDARは、性能向上に加え、大幅な小型化、低コスト化を図り、コンパクトに車載することができる。
また、従来のミリ波レーダーとステレオカメラ両方の機能を1つで備え、障害物の位置や形状を高精度で検知できると共に、昼夜問わず、外光にあわせて感度を調節するアクティブセンサーを搭載している。
なお、昨年1月に米国ネバダ州で開催された「2013 International Consumer Electronics Show」(以下、CES)にて、研究中の自動運転技術の実験車を公開したが、この実験車では、より大型のLIDARをルーフ上に搭載していた。

【3Dヘッドアップ・ディスプレイ(3D-HUD)】

米国のToyota Info Technology Center, U.S.A., Inc.*2を中心に、人と車両の連携向上を目指し、開発を進めている革新的なインターフェイス。車両の状態、標識や交通状況などの情報を、フロントガラス越しの道路上に重なるように3D表示することができる。クルマとドライバーが「チームメイト」となるキーデバイスとして研究している。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/3932729

*1 Single Photon Avalanche Diode Light Detection And Rangingの略
*2 株式会社トヨタIT開発センターが100%出資するIT関連の調査・研究・開発会社

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング