ネットワーク機能仮想化とディープパケットインスペクションのアプリケーションに最適化された新型Artesyn Embedded Technologiesサーバーブレード

JCN Newswire / 2014年9月16日 14時11分

San Francisco, Sept 16, 2014 - (JCN Newswire) - Artesyn Embedded Technologiesは、デュアルIntel(R) Xeon(R) E5-2600 v3プロセッサを搭載した新型パケットおよびサーバー処理AdvancedTCA(R) (ATCA(R))ブレードの、ATCA-7480を本日発表しました。また、インテルからも同日に発表されました。インテルプロセッサの処理能力と、ブレードのプロセッサ間の高速データパス、最大512 GB DDRメモリ、およびI/Oを組み合わせることにより、データベースアクセスのレスポンスタイムが短縮し、パターンマッチングが加速し、仮想化ネットワーク環境でのルーティング決定の最適化に役立ちます。Artesynのオプションのハードウェアアクセラレータは、プロセッサと直接接続しており、セキュリティアプリケーション内の暗号化/復号アルゴリズムを加速化し、暗号化データのスループットを拡大します。コスト要件の厳しいアプリケーションでは、16のメモリソケットを活用して、開発者は、512 GBのメモリ容量すべてを必要としないアプリケーションに、低コストで低容量のDIMMを使用できます。

先日発表されたIntel(R) XL710ネットワークインターフェースコントローラのメリットを活かしたATCA-7480には、システム内のすべてのブレードに接続する4つの40Gイーサネットネットワークで構成されたArtesyn QuadStar(TM)バックプレーンインターフェースが搭載されています。システムインテグレータは、アプリケーション帯域幅と可用性要件によって、冗長および非冗長の異なるトポロジーを作成するチャネルの組み合わせを選ぶことができます。複数のATCA-7480ブレードを最大4つの40Gハブブレードとともに単一シェルフに統合することによって、アプリケーションは、Artesyn Centellis(TM) 8000などの適切なATCAシェルフの最大1 Tb/sの集約帯域幅を活用することができます。また、最大600 W/スロットのArtesyn Centellis 8000システムの加熱および冷却機能により、ユーザーはさらにパフォーマンスの高いプロセッサを指定するか、ATCA-7480ブレードのコアを増やすことができます。つまり、最大28コア/スロットおよび最大336コア/ATCAシェルフまで拡張可能です。

Artesyn Embedded Technologies通信製品VPのTodd Wyniaは次のように述べました。「ネットワーク機能仮想化(NFV)により、通信業界でエンタプライズクラウドのコンセプトが実現するでしょう。しかし課題は、エンタプライズクラウドに普遍的に存在するエンタプライズクラスサーバーで、これらのサーバーには多くの通信アプリケーションで必要なコンピューティング密度、I/O帯域幅、およびキャリアグレードの『硬度』の提供能力がありません。このような要件に対応し、真の通信環境でNFVノードの構築に必要な、キャリアクラスのサーバープラットフォームを提供するために、Artesynではインテルと緊密に協業してきました。」

インテルのEcoystem Programs for the Communications & Storage Infrastruture GroupのディレクタであるRenu Navaleは次のように述べました。「Intel(R) Network Builders Allianceの加盟企業であるArtesyn Embedded Technologiesは、インテルの専用技術サポート、早期チップサンプル、およびインテル製品ロードマップを利用することができます。ATCA-7480の設計には、Artesynは、Intel Data Plane Development Kit (DPDK) Accelerated OpenVSwitchなどの機能を活用しています。Centellisプラットフォームと組み合わせることで、Artesynは、通信アプリケーションの主要要件であるコンピューティング密度の非常に高いプラットフォームと、非常に高い相互接続帯域幅を手に入れました。

ATCA-7480ブレードには、コンピューティングプラットフォーム上で仮想化サービスを管理するための、Intel DPDK加速化OpenVSwitch、OpenFlowおよびOpenStackプラグインのサポートなど、Artesyn SDN/NFVソリューションのイネーブリングソフトウェアが導入されています。このブレードはまた、通信ネットワークに必須の高い信頼性と高パフォーマンスを、NFVインフラで実現する完全統合全機能ソフトウェアプラットフォームの、Wind River Carrier Grade Communications Serverをサポートしています。

Artesynはまた、Wind River Titanium Cloudにも加入しました。これは、業界大手のハードウェアおよびソフトウェア企業が互いに協力して、NFVソリューションの展開を加速化するために、プラットフォームの事前統合と検証を行うエコシステムです。

今週サンフランシスコのMoscone Westで開催されるIntel Developer Forumでは、Intel Network Buildersデモの一部として、Artesyn SDN/NFVイネーブリングソフトウェアを使用するArtesyn ATCA-7480ブレードのライブデモを見学することができます。

企業ロゴ
http://release.media-outreach.com/i/Download/1489

メディアお問い合わせ先:
Alice Hui
+852-2176-3548
Alice.Hui@artesyn.com

Artesyn Embedded Technologies

詳細は www.artesyn.com をご覧ください。



Source: Artesyn Embedded Technologies

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング