ホンダ、「国際福祉機器展 H.C.R.2014」に軽乗用車「N-BOX +」の車いす仕様車や運転補助装置「Honda・フランツシステム」などを出展

JCN Newswire / 2014年9月25日 17時39分

Tokyo, Sept 25, 2014 - (JCN Newswire) - Hondaは、10月1日(水)から10月3日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第41回 国際福祉機器展 H.C.R.2014」(主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)に、「Fun for Everyone. Honda~移動の喜びを一人ひとりに~」をテーマとして、軽乗用車「N-BOX +」の車いす仕様車や運転補助装置「Honda・フランツシステム」※1などを出展します。

N-BOX +の車いす仕様車は、多彩な荷室のアレンジにより、車いす仕様車としてだけでなく、日常生活からレジャーまで幅広い用途に対応。2013年度には6,259台※2を販売し、Hondaの福祉車両として過去最高の台数を記録しました。

また、両上肢での運転操作が困難な方が両足だけで運転操作できる足動運転補助装置Honda・フランツシステムや、身体の状態に合わせて選択できる運転補助装置「Honda・テックマチックシステム」※3により、さまざまなパーソナリティーのお客様に移動の喜びを提案しています。

さらに、加齢などにより脚力が低下した方の歩行をサポートするために研究開発中の「歩行アシスト」を参考出展するほか、下肢に障がいを持つ方が、実際の運転操作に近い環境で訓練することを目的とした、手動運転補助装置を装着した簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Hondaセーフティナビ」などを展示します。このほか、要介護者が車両に乗り込む際の介助の仕方などについてデモンストレーションを行います。

Hondaはより多くの方に移動の喜びを提案したいという想いのもと、「オレンジディーラー」※4として認定を受けた販売店にてお客様のサポートをしています。その中でも最も厳しい要件を満たしたオレンジディーラー マスター店は現在全国で64店舗となり、今後もさらなる拡大を目指しています。

※1 Honda・フランツシステムはフィット ハイブリッドへの適用に向け、現在開発中のため販売はしておりません
※2 Honda調べ
※3 Honda・テックマチックシステムのタイプ
「Aタイプ」 片手でハンドル操作できる“ハンドル旋回ノブ”
「Bタイプ」 左足で操作できる“左足用アクセルペダル”
「Dタイプ」 アクセル・ブレーキ操作が困難な方が両上肢だけで運転操作できる“手動運転補助装置”
「Lタイプ」 ウインカーレバーを左手で操作できる“左手用ウインカーレバー”
※4 オレンジディーラーは3区分あり、各区分が満たすべき要件はそれぞれ下記のとおり
マスター店: 助手席回転シート車・助手席リフトアップシート車・サイドリフトアップシート車・車いす仕様車の4タイプの福祉車両を常設、店舗のバリアフリー化、車いす駐車場・バリアフリートイレを整備、介助士資格取得者が2名以上在籍、福祉の社内資格を店長と全営業スタッフが保有
ベスト店: 1台以上の福祉車両を常設、店舗のバリアフリー化、車いす駐車場・バリアフリートイレを整備、介助士資格取得者が1名以上在籍、福祉の社内資格を店長と全営業スタッフが保有
グッド店: 店舗のバリアフリー化、車いす駐車場を整備、福祉の社内資格を店長と全営業スタッフが保有

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社

Contact:

お客様相談センター
0120-112010(いいふれあいを)


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング